2006.05.08

超・早寝早起き(鈴木敦子)

私の最近の生活ですが、、、


なんと、21時に寝ちゃってます!!

子供を寝かしつけるのに約30分ぐらい「寝たふり」をしなくてはならず、
そのうちに、自分が寝ちゃうんです・・・


30分の寝たふりって、結構つらいですよ、、、、
かなりの確立の人がそのまま寝てしまうでしょう・・・笑


そして、たっぷりと睡眠をとって、
5時に起床!!


それから、7時に娘がおきてくるまでの時間が私の自由時間です♪
(だいたいメールのチェックとしかしてますが、、、)


今、私にとって、0時って、真夜中です(笑)
小学生か!?
大人って真夜中に何してるんだろう~みたいな(笑)

超早寝早起きのせいか、風邪を引いても、だいたい1日で治るようになりました!!
また、仕事の処理も速くできます♪♪


復帰直後は、仕事を踏ん張らなくては、、、とよく2時3時まで起きて
仕事してましたが、それをすると、次の日の体調がよくないし、
結局日中も眠いしだるいしで、あんまり効率があがりませんでした。


ちゃんと寝るって、ほんとにすばらしいです。


超・早寝早起き生活、おススメです♪

投稿:by スタッフ 2006 05 08 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.06

それでも、私は・・(鈴木敦子)

4月から、育児休暇も終わりということで、一応毎日働くことにしました♪
前回書いたように、かなりバタバタとしている毎日を過ごしています。


あっという間に、2週間が過ぎました。
早い、早すぎます。。
私はちゃんと1日を過ごしているのでしょうか!?

事務所に来ると、バタバタバターーーーと時間が過ぎて、
「あ!お迎えの時間~」って、走って保育園にお迎えにいって、
お腹すいたと不機嫌になっていく娘を乗せたバギーを押して、
またもや走って家に到着。
バタバタと夕飯の支度にて、お風呂に寝かしつけ・・・


そして、娘が寝た後は、明日のお弁当の準備とか洗濯とか、、
できるときにやっとかないと、追いつきませんーーー


週末も、1週間分の献立を考えて、作りおきに、買い物。
普段遊べない分、娘と午前も午後も公園へ、、、


そんな流れるような毎日で、しかも別の次元の自分がいる感じで、
実は、昨日やったことが思い出せません(笑)
ヤバイです。


それでも、私は明るく仕事して、明るく育児し、楽しく遊びたい。
娘とは、一緒に食事して、一緒にお風呂に入って、
一緒に寝て(寝たふりだけど、本当に寝てしまうことも。。)
そして、一緒に娘の成長を見届けたい。
そして、仕事もできる限りのことしたいし、
そして友人たちと遊ぶ時間も、
夫と遊ぶ時間も(実はこれが一番少ない時間かも!?)持ちたい。


できる時間で、やりたいこと、全部やってやる!!


例えノロウィルスにやられても。。。
(今週末は、激烈な胃腸痛でのた打ち回ってました。。)


過酷な環境ほど燃える、ETIC.精神満載の私なのでした(笑)
事務所で見かけたら、お声をかけてね♪♪


追記:夜がNGになってはじめて気がつきましたが、
    ETIC.の人、夜に働きすぎですーーーー!
    夜中に、重要なミーティングとかやめて~!!

投稿:by スタッフ 2006 04 06 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.03.01

復帰リハビリ中(鈴木)

もう3月になってしまいました。
は、早いですっ!


私の育児休暇も、もう残り1ヶ月。。
(4月から復帰予定)


ということで先週から週3日、娘を保育園に預けて職場復帰することにしました。
リハビリです。

し、しかし、忙しいーーー!!


朝、娘を食べさせて、支度してお弁当つくって、
一緒に通勤ー。
保育園に預けて、数時間ばたばた仕事してあっという間にお迎えの時間。


帰る途中でお買い物。
家に着いたらすぐに、娘のお夕食。
私も食べて、娘と一緒にお風呂。
そして、寝かしつけーーー。


娘が寝てから、一杯のコーヒーを飲んで「はあー」とため息をつくときが、
一番ほっとします。


それから、体力があればお仕事。。


ふーーーー。
働くママって、忙しいのね。


ほんと、世のワーキングマザーは尊敬だわっ!!


そんなこんなで、事務所にはボツボツと出没しているので
どうぞみなさん、またよろしくですー!

はっ!
そういえば、最近旦那とすれ違いの生活だわーーー
大丈夫か?夫婦仲・・

投稿:by スタッフ 2006 03 01 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.02.03

親の背見て子育つ(鈴木敦子)

娘が1歳になって、だんだん人間らしくなってきました。
今までは、手も足も動かせないベビーを「お世話してる」という感覚だったのですが、
今は、好きなところに自分で歩いて、好きなものを指差して、自我もでてきました。


そろそろ、「しつけ」ということを意識しています。

「しつけ」といっても、厳しくしかることだけではないですよ。
もちろん、「言ってわかってもらう」ということもとても重要ですが、
子供が「論理的に物事を理解する」のは、実は小学校に入るころらしいです。


それまでに、とっくに身についてしまう、子供の基礎的な行動特性は、
やはり、親とのコミュニケーションの中、日常の生活の中で自然に身につけていくのです。


その子の「当たり前」は、私達親の「当たり前」が基準になるのです。


きちんと挨拶のできる子に育てたかったら、
まず自分が目を見て「おはようございます!」と声をかける。
何でもよく食べる子に育てたかったら、
自分でちゃんと料理したものを自分がおいしく食べる!
早起きの子に育てたかったら、自分が早起きを・・・


そんな基本的な行動から、


人に優しい子に育てたかったら、自分が人に優しく。
物事に誠実な子に育てたかったら、自分が誠実に。
もちろん、アントレプレナーシップある子に育てたいなら、自分がそれを実践して、、、


そう考えると、すごく毎日を意識するようになりました。。。


刻一刻と娘は成長して、私達のしていることをじーーーーと見てまねするでしょう。
親の背見て子育つですな。
私のだらしないところが娘の当たり前になったら大変!!


ああーーーこわい!


学生時代、実家ですごした規則正しい健康的な生活。
きちんとした普通の生活。
しばらく忘れてました。


復活させなくてはーーーー!!

投稿:by スタッフ 2006 02 03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.01.10

初の正月(鈴木敦子)

あけましておめでとうございます♪
皆さん、どんなお正月を過ごしたのでしょうか?


私は、娘が生まれて初めての「家族3人」のお正月ということで、
我が家で年越し、そしてお正月を迎えました。


私は娘のお世話があるので、年末年始とはいえ特に日常は変わりませんでした。
寝坊したくても、娘が許してくれまへんので・・涙
逆に旦那さんがいるぶん、お世話する人が増えて逆に大変だったり・・・・


1日は3人で初詣。
芝大門の増上寺に行きました。


歩きながら旦那さんと去年を思い出したりして。
昨年のお正月は、予定日をとっくに過ぎても生まれてこないベビーのことで頭がいっぱいで、
陣痛を誘発するために雪の中遠くの神社まで歩いたりしたな~なんて。


まさか、1年後に娘と手をつないで初詣に来られるなんて思いませんでした!
時がたつのは本当に早いんですねーー


娘は4日で1才になり、ますます動き回るようになりました。
だんだんと自我も出てきているので、
興奮したり嬉しかったりすると「ウキャー!」と叫び、
何かいやなことがあっても「ウキャー」と叫び、にぎやかです。。汗
(かわいいけど~♪←もういいよ。)


いつもと同じ時間におきて、いつもと同じことして、いつもと同じ時間に寝て、
いつもと同じようなことをしてすごしたお正月でしたが、
なんか、娘が一人増えただけで、いつもと同じことがとても幸せに感じたお正月でした。


来年はどんなお正月を迎えるのかな。


2005年は、娘に始まり娘に終わりました。
今年は、少し仕事もしていきますのでどうぞよろしくお願いします♪


ちなみに、娘は今年合計3万5千円のお年玉をもらいました。
まだ0歳(1日時点では)なのにっ!!
時代は変わったのか??(私の記憶ではお年玉は2000円とかだったような・・)


ケーキ!
娘1歳!

投稿:by スタッフ 2006 01 10 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.11.28

母は教育熱心(鈴木敦子)

自分に子供ができてから、育児についてよく母と話をするようになりました。
私は子育てなど初めてのことなので、わからないことがいっぱい!
もちろん、友人などにも相談しますが、母にもよく聞いたりします。


話を聞いていて判明したこと。
それは、母がとても教育熱心だったこと。


しかし、昔を思い返しても「勉強しなさい」とか言われた記憶がないし、
習い事を死ぬほどさせられた記憶もありません。


なので、私はうちは「教育不熱心」家庭だと思っていたのです。


しかししかしそれは私の思い込み。
母は、母の戦略でいろいろと仕込んでいたんです(笑)


物心ついたときから習っていたバイオリン。
私は母がクラッシック音楽が好きなんだろうな~と思っていたら、
実は「右脳教育」のためだった!
(左指をたくさん動かすと右脳が発達するといわれてるんです。
バイオリンは、左指をすごく使うんです~)


小学校のときに、自分が興味を持って勉強したい!と思っていた英語でしたが、
実は母が幼児のころに英語のテープや音楽をわざとかけていたらしい


「あなたは何でもできる!」「あなたはかわいい!」といつも褒め殺されて、
思春期のころなどは、私も弟も「自分の子供そんなに褒めてアホか!」と
よく喧嘩したほどでしたが、
「褒めて伸ばす!」を実践していたようで


母は、24歳で出産して(当時平均的)がむしゃらで子育てをしてきたらしいが、
その当時に「良い」とされてきた先進的な教育法を結構実践してたみたい。


まあ、右脳教育のおかげかどうかわかりませんが、
記憶力はまあまあよいほうで、
英語に興味をもったお陰で、私の価値観を築く大きな転機になったアメリカ留学もしたし、
それで世界に興味をもって大学では世界を旅するサークルにいたため、
今の旦那にも出会えたし、
褒め殺されながらも自信がついてった私は、自分の能力以上の挑戦をたくさんしたため、
今まわりにいる皆さんとも出会えたような。


今の幸せは母のお陰!?
恐るべし母。
そして、ありがとう。


そして、今度は私が娘に何をしてやれるか。
そろそろ考えていかなくては。


投稿:by スタッフ 2005 11 28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.10.26

場当たり的な毎日(鈴木)

出産して育児生活がどたばたと始まったわけなのですが、
9ヶ月を過ぎて、最近ようやく
その状態を客観的に見ることができるようになりました。


とても、必死な毎日です。
なにせ初めての子育てです。
しかも、誰も教えてくれません。


赤ちゃんは1歳になるまでに、毎日毎日すご~い成長をしていくのですが、
その変化に母もついていかなければなりません。


なぜ泣くのか?
なぜ寝ないのか?
なぜ食べないのか?
なにか悪いのか?
どうしたらいいのか?
ちゃんと成長しているのか?
本当にこれでいいのか?


毎日毎日、何かしらで考えてるのです。
きっと、第2子であればそんなことはないと思いますが。


そして、最近ようやくそんな悩みにはいるときは、
客観的にその状態を見て、
「たいしたことじゃないか。」と心を落ち着けることができるようになったのです。


たとえば、うちの娘はあまり食べなくて、毎日離乳食を食べさせるのに
1時間ぐらいかかっていてかなりブルーなのですが、
「まあ、離乳食食べなかったからといって困ってる大人はいないか。」
というように。


それまでは、いちいち不安になってました。


自分のことならまだしも、娘のことですからね。


また、最近感じること。
今の自分ってすごく場当たり的に生きてるということ。


はっきりいって、明日は見えません(笑)


仕事をしているときは、
いつまでにどんな状態にしたい!そのためには・・・
なんて、目的的に生きていたのですが、
今は、どんな状態に・・・・といわれてもわからない。
いつまでに・・・といわれても私の都合ではどうにもならないし・・・・
てな感じです。


そんな毎日に何か違和感があったのですが、
それを客観的に自分の状態を見て、
それが場当たり的に生きている毎日だからかと
気がついたのはようやく最近です。


いつから目的的な毎日にもどれるのかな~?


なんか、立ち上げ期のベンチャー企業もそんな感じかも(笑)
と思うこのごろです。

投稿:by スタッフ 2005 10 26 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.09.22

突然ですが、ETIC.引っ越します!(鈴木)

20日の日記でせっかく吉田さんがオフィスからの眺めが好きだ!と言ってくれたのに、
なんと、ETIC.10月1日に引越しいたします!


現在いる事務所は、もともと大家であるセールスフォースさんが事務所を
拡大するまでの期間のみと決まっていたんです。
すばらしく急成長されているセールスフォースさんが事務所を拡大するにあたって、
今回私たちは引越しすることになりました♪♪


今回の事務所は、渋谷公園通り沿いのNHKの目の前の場所です。
今までのインテリジェントビルとは違い、こじんまりとしたビルですが、
なんとなく存在感のあるビルです。
(住所、地図などはおってご報告申し上げます☆)


物件は、私が育児休暇中の身でありながら赤ん坊を連れながら探しました。
おかげさまでいろいろな方々のご協力で短期間で見つけることができました。


先日、そのビルのオーナーさんが入居審査面談ということで、
わざわざETIC.の現事務所を来訪されました。


私は、きっと事務所の使い勝手なんかと見にくるのではないかと、
かなりドキドキしていたのですが(スタッフのみんなが掃除してくれましたー!)
オーナーさんは事務所などはあまり見ず、、、
挨拶も早々に別部屋の会議室に移動して、下記のようなことをおっしゃいました。


『私は私のビルをとても大事にしていて、
入ってくれるテナントさんともよい関係を作って行きたいので、
お申し込みをいただいた方にはご挨拶を申し上げにうかがっているんです。
はっきり申し上げて「人材育成事業」というのは、このビルに入るのは初めてなのですが、
このビルから若い人が巣立っていくのは、このビルのとても嬉しいことだと思いました。
私はこのビルは、人の集まる活気のあるビルにしたいのです。』


オーナーさんは70代のおじいさん。
しかし、今も現役の一流の美容師さんです。
今は第一線からは引退されているそうですが、お客様も相当一流の方が多いよう・・・
ファッションもとても70代とは思えないぐらいファンキーでした☆


会話の中に、
「一流というのは、どんな分野の人もだいたいその姿勢は一緒。一流の人ほど謙虚で礼儀正しい。」
などでてくるほど、オーナーさん自身もかなりいっちゃっている人でした。


こちらは、一応審査面談なので緊張しながらお話をしていたのですが、
終盤にこんなことをおっしゃってくれました。


『私は赤ちゃんづれで働く女性をサポートしている社長さんであることを見て、
もうすばらしい会社だと思いました。ぜひ、前向きにお話を進めたいです。』


『私は、祖母の代から美容師の一家で、女性が家族も大事にしながら働くことを
応援しているんです。』


そう。面談には、うちの娘も同席させていただいていたのです。
(というか離れられないので、、)
そんな席に赤ん坊つれて、気を悪くされないかと心配していたのですが、
オーナーさんは、娘を見るなりかなりかわいがってくれて、ホッとしていたのですが、
そんなお言葉をいただけるとは思いませんでした!!


なんだか、オーナーさん、代表とETIC.のみんな、そしてあーちゃん(娘)にも
すべてに感謝したくなるようなお言葉でした。


昨日無事に契約をすませることができたのですが、
聞くと、そのビルは出世ビルらしいです!!
今や大企業ジオン商事の立ち上げ期や、
その他ファッション関係のブランドの立ち上げ時期に
テナントとして入っていて、出世して巣立っていったらしいです。


ステキなご縁をいただいた新しい事務所!
ビルのコンセプトにしかり人の集まる活気のあるオフィスにしたいと思います♪
10月上旬新装開店!!


どうぞ皆様も遊びに来てくださいね♪♪

投稿:by スタッフ 2005 09 22 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.08.23

新しいワークスタイル(鈴木 敦子)

衆議院選挙が近づいてきましたね。
今回の選挙は「郵政民営化」選挙と言われていますが、
本当はそれ以外の政策も気になるところではあります。

母となった私としては、やはり「子育て支援策」などは気になります。
現在、少子化が問題になってますが、それぞれの政党がどうやったら
「子供を生みやすくなるか」「育てやすくなるか」と考えて政策をつくってくれています。


子供一人につきいくら助成金がでるだとか、子供の医療費がただだとか、
出産費用に助成がでるだとか、育児休業がとれるだとか、そりゃ~、助かります。


至れり尽くせりで、申し訳ないぐらいです。


でも、私の周りの女性を見ていると、そのような所以外が問題のような気がします。


子供を生む環境にある女性、働いている女性は特に「子育てするか」もしくは「仕事に復帰するか」と
選択を常に悩んでいるかに思うのです。


そう、どちらなのか と迫られるのです。


そして、仕事に復帰したママさんたちは、すごい肩肘張って頑張っているイメージがあります。
(実際、乳幼児の育児と仕事(フルタイム)と家事はすごく大変だと思います)
専業主婦を選んだママさんたちは、それはそれでつまらないのでは、、、というイメージがあります。
だからといって、できる範囲で、、と考えるとアルバイト的なパートタイムジョブしかないのです。


だから、子供を生むかどうかということを悩む女性がでてきているのではないでしょうか。
(授かったら授かったで、どうにかなるのですが。。)


私は、仕事も子育ても肩肘張らずに、ステキにこなしているママさんというスタイルができれば、
自然に子供を生んで育てながら、自分の人生も楽しむ人が増えるのではないかと思います。


そのためには、新しいワークスタイルが必要だと思います。


最近、「ワークシェアリング」が気になります。
失業対策からでてきた政策ではありますが、これからの時代、
仕事をシェアーして、賃金もシェアーできる、
そのような働き方が多様な意味を持って出てくるような気がします。


子供を生む女性が 0か 100かみたいな選択でなくて、
自分の一生懸命になれる仕事を時間を子育てをしながら取り組める。


そうすれば、子供も楽しく生き生きと働く親の姿を見て、「働く」ことを楽しく思えかもしれません。


ETIC.は、いろんなチャレンジのできる場所なので、
何かステキなワークスタイルが生み出せないか検討していきたいと思います。

PS 前回の「育児ノイローゼ」の日記でひそやかに心配をしてくれている人がいたようですが、
   私は元気です(笑)
   娘は動き始めて、表情が豊かになってますますか~わいい~で~す♪♪


投稿:by スタッフ 2005 08 23 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.07.14

育児ノイローゼ(鈴木)

「育児ノイローゼ」!きっと皆さんにはほとんど縁がない話だと思いますが、
世の中では結構問題になってんですって。
今、地域で行われる乳児検診(健康診断みたいなもの)なんかでも、
実は乳児より母親のほうが心配されているみたいで。
母親がノイローゼ気味になると虐待などが行われるということで。


つい、先日まで私には縁がないと思ってたんです。
「こ~んなかわいい赤ちゃんと一緒にてストレスなんてたまんないよ~!」てな感じで。


でも、最近、ヘロヘロです。。。
誰か助けて(笑)。


娘も気がついたら6ヶ月を迎えました。
(最近ではハーフバースデイ♪なんて言うんですが)


生まれたばかりのときのように、寝てばかりの生活と違って、
寝返りで自由自在に動き回り、お座りまでできて人間らしくなってきました。
6ヶ月ぐらいになると精神も発達してきて、
遊んでるものを取り上げたり、欲しいものに手が届かなかったりすると怒ったりします。
もちろん、喜んだり、笑ったりも一段と表情が豊かでムチャムチャかわいいけど♪♪


最近、ひどいのが「夜泣き」「寝愚図り」。。
育児をやったことない人でも言葉は聞いたことがあるかもしれません。
赤ちゃんは、「寝る」ことがとても下手で、寝るときにうまく練れたいと大泣きするんです。。
もう、それはすごい叫び・・・・!!!!
窓なんてあけていたら外にまで響き渡ってます(笑)。


そんなときは、うまく寝かしつけるまでに大体1時間~2時間ぐらいかかります。。
夜だけではないですよ。お昼寝のときもおんなじ。。


それで、ようやく寝てくれた~、、、、なんて思ってると、
寝てんのに、急に泣いたしります!!
もう、それはすごい泣き・・・・!!!!


それでまた繰り返し。。。


なぜ、スタッフ日記にこんなこと書くのかというと、
今日の私が、ほとんどの時間それに費やしてたからなんです。。。
(本当に日記だわ!)


朝、6時起きただけなのに号泣!
午前中、病院にいって予防接種や乳児健診で号泣!
帰ってきて、お昼寝の時間、号泣!
昼過ぎ、不動産屋さんに行って号泣!
夕方帰ってきて眠たくて号泣!
そして、必死になって夜の寝かしつけやってるうちに、自分も寝ちゃったよ。。
(さっき、目が覚めた。。)


・・・・。
気がついたら、お昼も夕飯も食べれなかった!!
自分のこと、ぜんぜんすすまない~!!


ああああ、育児ノイローゼって、こうやってなっていくのかも。。。


現在、ほとんどのお母さん達は、核家族の中でお母さんと子供という
せま~い環境で子育てしてます。
きっと、昔だったら赤ちゃん泣いても、じいじやばあばや家族の誰かが
手を差し伸べてくれたんだと思いますが。


元来、のんきでおおらかな私ですら、ヘロヘロなわけですから、
世の中のお母さんは、きっと誰しも育児ノイローゼ的な感覚を経験してるのでは、
と思います。


もちろん、正常な人は、その次の瞬間に訪れる赤ちゃんの笑顔で
すべてを忘れてしまうのですが(笑)。


自分が経験して、大変な思いをして子育てをしている世の中の「母」を尊敬する
ようになりました。


すべての社会問題は家庭から、なんて言いますが、
社会をよくするためにも、「母」をいろんな意味でサポートするなんてことは
重要だなって思うようになって、
いつか、そんな社会事業に私も何かしら貢献できればいいな~なんて
思いはじめてます☆


ふむ。書いてるうちに、心が落ち着いてきた(笑)。
明日も頑張るぞ!

投稿:by スタッフ 2005 07 14 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.06.16

嫁姑バトル(鈴木)

え?これはETIC.のスタッフ日記ですか?と思われるかもしれません。
育児休暇中ということで、ご了承ください♪


嫁姑バトルといっても、みのもん○さんが言っているような
すごいものではありません。
(最初は激烈に怖かったけど、いまは、とても優しくしてもらってます。)

うちの旦那さんは、先日世間をお騒がせした日本唯一の公益放送局で
番組制作のお仕事をしてるんです。


うわ~、かっこいい~!ともしかしたら思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際はそんなにカッコイイもんでもありません。


朝から晩(次の日の朝)まで、死ぬほど働いて、
その割には、視聴者からの評価や感想を直接きけるわけではなく、
あんなに働いているのに、多くの人数で製作してるため、
テロップに名前が載ることすらカットされることもあります。。
3日かかった仕事が十数秒で終わってしまうことも。。


なんか、せつなくはかないお仕事だな~と、
はたから見てると感じてしまいます。
もちろん、自分の製作したものが日本の何千マンの人が見てくれるわけですから、
やりがいはあると思いますが!


うちの旦那さんと、お義母さんは年に10回ぐらいしか会話しないので
結婚してからは、私が「今、この番組やってるんで見てあげてください~」と
知らせてあげてます。


先日、旦那さんの実家にいったとき、
お義母さん毎週やっている旦那さんの番組について話をし始めました。
「あれはよかったわー。」「あれは、どうやって撮影してるの?」など。


旦那さん、うれしそうに「あ、よかった~?」とか言って話し始めました。
視聴者から直接感想が聞けない分、感想など言うととても喜ぶんです。


「あれはよかったわよ~。ねえ、敦子さん!」


「・・・・・・・・。」
ごめんなさい。見てませんでした!
(見てください~。と自分が言っておきながら)


「え!あなた、見てないの?」(妻なのに!という心の声)


負けました。。


お義母さんは、年に10回ぐらいしか口をきいてくれない冷たい息子でも、
今まですべての息子の製作した番組をかかさず見てるのです!
37歳になった息子でも、一番喜ぶことを忘れてないんです。


それからは、心を入れ替えて毎回火曜日の夜にはテレビの前で
正座して見るようにしました(笑)(←うそ)


何歳になっても、母というのは子供のことを思ってるんだな~と
ちょっと感慨深いできごとでした。


ちなみに、こんな番組やってるんです。
もしも、面白そうだったらどうぞ見て、何かしら感想など送ってあげてくださいませ。
「発見・ふるさとの宝」(NHK 毎週火曜日 23:15~23:45)

投稿:by スタッフ 2005 06 16 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.05.11

旦那にするには・・(鈴木敦子)

育児休暇中3順目。

相変わらずか~わいい娘と一緒にのほほんと過ごしておりますが
(↑相当な親ばか)身も心もとけてなくなりそうなので、
最近は娘と一緒に事務所詣でをしたり合宿に参加させていただいたり、
少しづつスタッフの皆さんのお仕事を手伝わせていただいております♪

うちの娘はETIC.のみんなにとってもかわいがってもらっているのですが、
実はその接し方でその人の子育てイメージがわいてしまいます。

女性の皆さん、子供を持つ予定の結婚で旦那にするには、
やはり「子煩悩」な人が一番です!
まあ、「子煩悩」にもいろいろな形があると思いますが、
「赤ちゃん好き♪」な人は本当に頼もしい!

なにせ、0歳児をかかえてしまうと、何よりも重要なのが「体力」と「人手」!
愛情だとか、しつけだとか、そんなものはもっとあとのことで
(もちろん必要ではありますが)とにかく一人だとかなりてんてこ舞いします。

家事をしていても泣く。
オッパイをあげていても、人がくる。
赤ちゃんを抱えてゴミをだす。
人が来ていてもわめく。

そんな毎日なのです。

そんなとき旦那さんは家事を手伝わなくてもいいので、赤ちゃんをあやしたり、
抱っこしてくれたりと進んで赤ちゃんと接してくれる「お世話好き」な人だと
と~ても助かるのです♪

しかも、適切なお世話、例えばお腹がすいていればミルクをあげる、
おしっこで泣いていればオムツをかえる、遊んでほしそうだったら遊んであげる
などを(これが赤ちゃんとのコミュニケーションになるのですが)
やってくれると最高~!

最近は、ETIC.スタッフ男性陣のうちの娘とのかかわり方で、
「あ、この人赤ちゃん好きだ~、よい旦那になる!」と、なーんとなくわかるようになりました(笑)♪
(ちなみに、うちの男性陣、結婚している人は1人。子供いる人0人です。)


そこで、敦子の思い込み勝手に「子煩悩-旦那にするならこの人」ランキング(笑)。

☆Y利さん- さすが年の功か!?いつも「どお~?」とうちの娘をいとおしそうな目で見てくれる(笑)
☆N村くん- ひそやかにうちの娘を気遣ってくれる。眼差しがやさしい!
☆Y内くん- 赤ちゃんにかまって欲しい(笑)赤ちゃんにニッコリされたくて一生懸命お世話する!?(笑)

番外編
☆Jくん- まあ、元祖マメ男の名に恥じずに、きっとお世話しそう~
でも、彼は既婚者なので旦那にはできません★

ちなみに「え?M氏は子煩悩でないの?」と思う人がいるかもしれませんが、
現在彼には赤ちゃんをあやしお世話する体力がございません。(かわいそう・・)
「孫」を見るような目でいつも娘を見てくれます(笑)。

以上、思い込みランキングでした(笑)。
ご登場いただきました皆さん、誤解がありましたらごめんなさい~!

え?うちの旦那さんですか??

普通です!

別にものすごく気が利くわけではないですが、「やってよ!」といえばやってくれ、
「うわ~、あーちゃん、またパパ見てるよ~。パパがすきなんだね~。」と
おだてればよろこんで遊び、
自分が眠いときは、赤ちゃんが隣で泣いていても寝てます(笑)。

これから教育していきます(笑)。
ETIC.っぽくない日記ですみませんでした~★

投稿:by スタッフ 2005 05 11 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2005.03.12

娘の成長に感じること(鈴木敦子)

育児休暇中日記2順目。今回は私の育児生活で感じることを少々。
(最後に画像付き!)


1月4日につるんと誕生した娘は現在生後2ヶ月と1週間。
産まれた時の体重3055g、そして現在ようやく4700gになりました。
しかし不思議。
産まれてから片時も離れずに一緒にいるのに、一体いつ大きくなっているのだろうか?
私にバレないよういに少しづつ少しづつ大きくなっているのね。

最初の1ヶ月は泣いたらオムツ、おっぱい、だっこの繰り返し。
1日約20時間は寝ているので、まるで動物のお世話をしているようだったけど、
今は少しづつ人間らしくなってきた。

今は、日中起きている時間が長くなってきていて、
その起きている間にいろんなことを学んでいるようだ。
まだ記憶力もないのに、一体どうやって学んでいるんだろう。

運動機能の成長は著しい。今は指しゃぶりができるようになった。
たかが指しゃぶり、だけど赤ちゃんにとってはすごいこと。
産まれたときは指しゃぶりもできなのです。
でもまだ、その指が自分の指だとは気づいていないのだからまた不思議。

心も成長してきました。機嫌がよいとよく笑うようになりました。
さらにご機嫌だと「あー」とか「うー」とか「あう、おう」とかお話を始めます。
何が言いたいのか全然わからないけど、「へえ~、そうなんだ~」と相槌をうってあげると、
更に嬉しそうに語りかけてくる。きっと何かを伝えたいんだろうなあ。
何を考えているんだろう。

人間って最初はそんなんだったんだ。と改めて人間を考える。
最初は、歩くことも話すこともできずに、記憶力もなくて視力もほとんどないのに、
本能で遺伝子でどんどん細胞を増やして、勝手に自分で学び成長していく。
人間は、本来たくましく学ぶ力をもって産まれているんだと。

きっと赤ちゃんは、誰にも邪魔されることなくその学ぶ力を伸ばして、
その柔らか頭をどんどん使って、細胞増やして成長しているんだ。
大人のほうが、アホなのかもしれない。
もって産まれたその学ぶ力を自ら放棄してしまうときがある。

私は、親としてその学ぶ力を信じて、
その力の成長を遮るようなことだけはしないようにしようと思う。


そして、私も娘を見習って一緒に学んでいこう。


追記:ちなみに娘は顔はしもぶくれで髪型はハゲおやじ。
でも、しぐさや笑顔かとてつもなくかわいくて毎日毎日私をハッピーにしてくれます。
今も、これを書きながら娘のかわいい姿を思い出してニヘラニヘラしちゃう♪


asahi

asahi2


投稿:by スタッフ 2005 03 12 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.01.25

経験して初めてわかること。結婚・出産・家族とは。(1)(鈴木敦子)

現在産休中の鈴木です。
2004年から現在にかけて、私の人生にとって初めてで、そしてすばらしい経験をさせていただいております。

2004年6月、周囲もびっくり(本人もびっくり)電撃結婚をしました。
そして、2005年1月4日、長女を出産しました。

現在まで、三十数年間生きてきて、人よりはいろんな経験をしてきたと思っていた私でしたが、
この2004年から現在まで、初めての経験、そして経験して初めて気づくことがたくさんありました。
人生とは、いかに奥深いかということを目の当たりにしております。

なんといっても、1年のうちに「家族」という人がいっきに増えました。
2親等までいれれば、いっきに5人も!
まさか、家族が増えるなんてあまりイメージしたことがなかったので、すごく新鮮です。
新しいコミュニティの中で、自分の役割ができてくる、そんな生活は今は私の生きがいのひとつになっています。
また、嫁・姑問題、離婚、再婚問題(夫が再婚なので)など、世の中が問題にしたり、話題にしたりすることが、リアルに理解できるようになりました(笑)。

そして、出産は人間が一人この世の中に誕生するということです。
まさか、私が母となって、こんなにも育児を楽しんでいるなんて!
現在まで、仕事が中心の生活をしていたので、育児をしている自分なんてあまりイメージができませんでしたが、
育児をこんなに楽しいなんて思ってもみませんでした。
アントレプレナー育成の根源にもつながることですし(笑)、かなりはまりそうです。

赤ちゃんの誕生が人間の社会にとって、こんなに喜ばしいできごとだとは気がつきませんでした。
妊婦時代からも、道を歩いていても立ち寄ったお店の見知らぬおばちゃんなどが、「ああ、嬉しいね~、今何ヶ月?」なんて声をかけてくれておりましたが、赤ちゃんが生まれた今、友人や親戚などはもちろん、近所の人までががわざわざ赤ちゃんを見にやってきてくれます。
病院の産婦人科病棟も、他の病棟とは違い、とっても幸せな雰囲気につつまれており、「人類皆兄弟」のようなコミュニケーションがかわされます。
赤ちゃんの誕生といのは、人間の共通の話題であり、祝い事なんだと改めて感じております。

世の中、少子化が問題だ、と騒いでおりますが、私の周りでは、育児が楽しいのでできれば何人でも子供が欲しいという女性は結構います。赤ちゃんというのは、あまりにもかわいいので、一度経験してしまうと結構やみつきになる人はいるのではないかと思います(笑)。少子化問題に関しての日本の未来は明るいはず。


こんな、デレデレの幸せボケしたことをだらだらと書き綴ってすみません。
あまりにも多くの気づきがあったので、あまりうまく書き表すことができません。後に少しづつ書いていきたいと思います。
でも、何よりも大きな気づきは、結婚も出産も自分の家族をもつということも、自分にとってはびっくりで新鮮で学ぶことの多い経験であっても、実はほとんどの人が経験しているということです。
自分の親、会社の同僚や上司、知り合いの家族、など。

自分は、人よりも変わった経験をしてきたので、いろんなことがわかったつもりでいた私は、本当に浅はかでした。。
世の中や人間を理解するには、まだまだ多くのことをたくさん学ばなくてはならないと、改めて思った新年となりました。

これから、育児をしながら、スタッフ日記には登場をさせていただきますが、
この、面白く奥深い経験の中で気づいたことを少しづつご紹介させていただければと思っています。

今回はこの辺で。よろしくです。

投稿:by スタッフ 2005 01 25 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック