« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.20

TAMAに行ってきました♪(長谷川 奈月)

こちらでははじめまして!
10月からETIC.に合流させて頂きました、はせがわでございます。
札幌から東京(と神奈川)に出てきて早2ヶ月以上経ち、
持ち前の順応力(笑)で東京生活も楽しんでおります◎

さて、昨日はTAMA協会(社団法人首都圏産業活性化協会)の方と協働で
「TAMAチャレンジ戦略会議2007」と
「第2回チャレコミ地域産業研究会」を開催いたしました!

渋谷から電車に揺られ揺られ(ちょっと小旅行・笑)TAMA地域に到着し、
岐阜の秋元さん&愛媛の横山さんもお迎えしてはじまったわけですが…


ステキな時間になりました!!


第1部は「TAMAチャレンジ戦略会議」

Photo_3

Photo_4

写真は基調講演(G-net秋元氏)と、パネルディスカッションの様子。

このあとは、学生のみなさんも企業の方も大学の関係者、行政の方も混ざって
TAMAの地域のために何ができるか、を議論。
わたしがコーディネートさせて頂いたテーブルは、
自分の経験をどう次に生かせるか、を話し合いました。


第2部は「第2回チャレコミ地域産業研究会」

Photo_5

こちらは企業の方と大学関係者の方や行政の方を中心に
地域CSRについての勉強会と「採用力のある企業、ない企業」について議論。
こちらもみなさんから意見も頂戴できて、なかなか活発な場に。
わたしも拝聴していて、わくわくしてきました。


今回はTAMA協会の方と協働させて頂いて、
新たな仲間を見つけることができたように思います!
これからこういう取り組みを少しずつ全国各地で重ねていくことで、
ムーブメントを起こせたらと思いました。


引き続きまだまだわたしもがんばります♪♪♪

投稿:by スタッフ 2007 12 20 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.18

アントレ就職塾について(川村泰裕)

こんにちは。

現在ETIC.でインターンをしている
大学4年の川村と申します。

ETIC.では、主に『アントレ就職塾』
の企画・運営を行っております。

このブログではアントレ就職塾の取り組みについて書きます!

■アントレ就職塾とは???

何やら仰々しい名前ですね。。。
とはいえ行っていることは主に就職活動を行う大学生に対する
就職サポート事業であります。

現状の問題意識として、就職活動を行う学生が余りにも
外部的な要因で就職先を選んでしまっているというものがあります。

私は学生時代は輝いていたのに、企業に入ってしまうととたんに
元気を失っていく先輩たちを沢山みてきました。

その原因の一つに、学生が就職を受験勉強の延長として捉えてしまって
いるということが挙げられると思います。

受験偏差値をそのままトレースしたような「就職偏差値」なるものが
学生の間で暗黙知として共有され、
その先にはあたかも待ちうけているかのような幸せがある。

そうした流れが学生の間で出来ていると思っています。
そこに自分の「思い」は介在せず、名前や福利厚生で
多くは判断してしまっているのでしょう。

ただ、私は思うのです。
それは自分の人生に失礼なんじゃないかと。
もしそのような外部要因で就職先を決め、
予想と違っていたら、その時何を思うでしょうか。

「話が違う」

そう思うのではないでしょうか。

仮に自分の内なる想い、それが結果的にどこへいこうと
それに従って就職先を決めることができれば、
その後の困難にも「自分の責任」という意識が芽生えるのではないか。
またその困難を乗り越えようと努力するのではないでしょうか。

僕はそう思っていたいと思います。

さて、話が大分それてしまいました。
アントレ就職塾では、そうした「自らの内なる思い」を
深め、その後に、自分のテーマに沿った情報を自ら取りに行く
「アクション」を通じて、最適な就職先を自ら決めていこうと
するものです。

今年始まったばかりの事業なので、日々手探り段階です。
ただ、塾生も10名を迎えることが出来、現在進行形の事業であります。

私自身、卒業できるか分からない身(単位が足りないかも。。。)ではありますが、
今後も全力でこの事業に取り組んでいきたいと思っております。

それではまた機会があればご報告します!

川村

投稿:by スタッフ 2007 12 18 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.14

素晴らしき哉、ルーラル(由利吉隆)

私が高校まで18年間生まれ育った愛すべき故郷は、
チャレンジ・コミュニティ・プロジェクトでつながりのある、
島根県のNPO法人ひろしまねが支援している集落に匹敵するくらいの田舎ぶりでした。

近所の山々には、サンショウウオやホタルやカブトエビが普通に棲息し
(父親いわく、昔はツチノコも普通に目撃されたらしい・・・)、
「回覧板」や「火の用心」の拍子木がまだまだ現役で活躍している、
吉幾三の歌かよ(笑)みたいな場所です。

住所は京都府にも関わらず、JR京都駅から「特急」で2時間半。
その特急も一日数本。各停でいくと「永遠に到着しないんじゃないか」
と気の遠くなるような感じで、もちろん「電車」ではなく「汽車」です。

そんな田舎には、
昔ながらの「日本の古き良き」伝統文化や風習が根強く残っていて、
うちの実家の地域では、今でもいろんな行事が毎年あります。


●太刀振り(たちふり)
刀を太鼓に合わせて振り回したり、刀を縄とびのようにして
ぴょんぴょん飛び跳ねながら、町中を練り歩く十月十日の恒例行事。
結構あぶない。昔は真剣を使っていたらしいが、
現在では銃刀法違反の関係か、当然ながら模擬刀を使用。

●地蔵盆(じぞうぼん)
陰暦の旧盆に、近所の子供たちだけでお地蔵様を祭る。
お供え用のお菓子やジュースを貰いに、小学生が近所の家々を回るが、
おやつに飢えているガキンチョにとっては貴重な食料源になったので、
みんなマジで近所からの回収作業に精を出していた。

●灯籠流し(とうろうながし)
お盆の終わりくらいに、ロウソクを灯した紙の灯籠を一斉に海に流す。
お盆に帰ってきていた先祖の霊を送り返す風習らしい。
ナスで作った牛、キュウリで作った馬も一緒に灯篭に乗っていたが、
幼心にはその意味は分からず。とても幻想的な風物詩。


きっと、どの地域にも、このような昔ながらの、
地域住民が総出で楽しむ恒例行事がありますよね。
じ~ちゃん&ば~ちゃんから、子供までが心待ちにし、
地域の繋がりが一気に深まる一大イベント。

祭りの時だけやたら目立つ、近所の「名物おやじ」なども
よく出現したりします(普段は何やってんだよ(笑))。

いつまでも変わらずに、
地域特有のこのような伝統文化を大切にし、
都会に倣った画一的な文化や風習に安易に染まらないで欲しいですね。
(やや『木綿のハンカチーフ』風味)

投稿:by スタッフ 2007 12 14 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.07

もじもじ。ひともじ。(江上 浩子)

If

これ、何に見えますか???
★ヒント★ 明後日、ETICでは年に2回の大イベントが・・・・・

はじめまして♪


11月より、ETIC.でインターンさせていただいております、
江上浩子と申します!


今はイベントの運営をやらせて頂いております。

そうです。イベントです。

明後日は・・・・・・・

12月9日は・・・・・・


「「「「「インターンシップフェア2008春」」」」」

経営者の方の話を直接「聞ける!」「話せる!」
なんとも素敵なイベントでございます。


そんなわけで、写真のひともじですが、
IとFでIF=インターンシップフェア。


お分かりいただけたでしょうか???

ちなみに 
Iが宮崎の元気娘!くわなっちゃん(とリラックマ♪)
Fがわたくしです。

明後日がたくさんの人たちのキッカケになることを願いつつ、
あと2日!

まだまだ頑張ります★

投稿:by スタッフ 2007 12 07 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2007.12.06

エジソンとクリスマスツリー。(佐々木)

寒くなってきましたね。

あたたかい白熱電球の下、焼酎でものみたい季節ということで、
エジソンのひとこと。(むりやり)

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」

小学校の頃から聞いていた気がしますが、
これは記者の取り間違いで、

「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」

ということだったそう。

今日か明日か、エジソンが蓄音機を発明した日か何かで、
朝、ベーコンエッグをかじりながら、ラジオで聴いてました。

やっぱり、たとえ思い込みだと言われようと、
アホじゃないかと人から思われようと、こだわりを持って、
世界観を持って、貫いている人はかっこいい。
しかも、たのしそう。

そのためには、感動、インスピレーション、感謝、人の気持ちの機微、季節感な
ど、あたまで考えないで、感じたことを行動におこしていてくこと。

そんなことを、ひとつひとつちゃんと大事にしていったら、
縁や運やなんだかいろいろなものがうまく回っていくんじゃないかと思っています。

そう!ETIC.にも、受付のところに小さいクリスマスツリーをおいてもらいました。
(板橋さん、ありがとう!)

みなさん、ぜひあそびにきてくださいね。

投稿:by スタッフ 2007 12 06 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.04

つながるキッカケ☆(青山 真弓)

筑波大学で学生をしながら、
こちらのNPO法人ETIC.で(9月頃から)
インターンとして、お世話になっておりますm(_ _)m

本日「渋谷カフェ」が開催されました☆★
Dsc01401_8


※「渋谷カフェ」は、ETIC.のプログラムへの参画起業家、会員企業関係者、インターン生・経験者、チャレンジコミュニティプロジェクト、STYLE・NEC社会起業塾ほか、 何らかのかたちでETIC.の活動にご参画頂いている方々にご案内差し上げております。

そして私がなぜ、ETIC.なのか!?ここでインターンをしている理由とは・・

(つづきは、「この日記の続きを読む」をクリック⇒)

原動力
私の軸は、「子供」です。
子供達にとってより良い未来であるためにはどうあるべきなのかについてです。

中学生の頃、オゾン層破壊について話題となり地球生命の危機に気づいた事から意識が強くなったと思います。
また、日本が作り上げてきた伝統や行事の継承にも興味があり、昔は藩や自治体などで結束しやすい体系から今の組織では昔の日本人が良しとする風習が裏となって現われてきているのではないか?
各家族化が進み、昔を知る術がますます少なくなってきており、日本古来の習慣や土地柄の風習を知らずに育った子供達は、何か大切なものを学んでいないのではないか?
ゆくゆくは社会、日本全体に影響し子供達にとっての良い環境作りが出来きていけないのではと危機感を感じています。

さらには、今世に育った子供達に起きている問題についての救済措置も考えなければならないと感じています。
だいぶ話が大きくなりましたが・・

次世代や将来世代の人々の生活や環境までも視野に入れた「共助」による地域づくりを実践できるような「新しいまちのかたち」や「新しいシステムづくり」といった未来の子供達にとって何をするべきなのかを実際の現場を通して学びたいと思ったからです。

現実
上記に、おおきく言っていますが・・(+_+)夢や理想は高くても
行動が伴っていなければ、話になりません。。

実際、私自身 大学1年来の友人から”カルチャーショック”を受けたと宣告されてしまうという経験があるくらい社会の常識というものも含め仕事力についても甘い部分を何とか 社会に適応させるべく 
コツコツ コツコツ 
私なりのスピードに合わせ ETIC.の様々な事を通して成長してゆきたいと
思っています。(来年2月過ぎまでがインターンの期限ですのでそれまでには身につけたいです。)


そのような経緯です☆★☆ (*^-^*)/

今宵も東京駅から高速バスで2時間かけて茨城県の”つくば”まで帰宅です。
いつも高速の料金所にある「ETC」を見ると ETIC.を思い出します。(笑)

短い間ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

p.s.
来年は、家系的に代々神社を行っており國學院に短期入学するかもしれません。そして事務所からの帰り道に撮影した渋谷のイルミネーションもUPします☆もう少し先ですが、よいクリスマスをDsc01405

投稿:by スタッフ 2007 12 04 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2007.12.02

ラストスパート!

みなさま、こんにちは。

長らく、ご無沙汰しております。。。
ETIC.にてインターンシップ事務局&
管理部にて人事を担当しております、高野です。


 *今日は日曜日なので、本当は日記はお休みの日ですが、
  担当日にUPできなかったので、こっそり、本日登場
  させていただきました。すみません。

今日は、インターンシップ事業部(通称:EIPチーム)の
近状をお知らせしますー。

なんといっても、いまは、08年の春休みのインターンを、
社長と直接会って、話して選べる半期に一度のイベント、
「インターンシップ・フェア2008・春」の告知&準備を、
チーム一丸となって、おこなっております!!


インターンシップは、夏休みにするもの?
というイメージも、定着しつつありますが、ETIC.のインターンは
就職活動のためではないので、学年問わず、通年で参加でき、
少数精鋭のベンチャー企業やNPOで、長期間、経営者の近く
で責任ある仕事に挑戦するインターンです。


単純に職種や業種、勤務条件でインターン先を選ぶのではなく、
「社長の理念や想いに触れて、それに共感できる」!とか、
「この人と一緒に働きたい!」と、参加学生自身が判断し、
自分の時間を投資したいと思える企業に出会って、インターン
することが大切と、ETIC.は考えています。

そして、その出会いの場が、12月9日に開催する、
「インターンシップ・フェア2008・春」です。

フェア開催まで、あと6日!

いい出会いがたくさんうまれるように、ラストスパートで準備を
頑張ろうと思いますー。おー!


*追記:ひとりごと

 現在、野球日本代表×韓国戦をTV観戦しております!(9回表)
 この季節に、真剣勝負の野球がみれるなんて、、、幸せです。
 
 シーズン中チームは全く違うのに、息の合ったバッテリーに、
 感動しまくりです。
 (8回裏では、岩瀬選手(中日)×矢野選手(阪神)でした♪)

 どきどきの展開ですが、ぜひとも勝って、ほしいです。
 

 わー、そして、日記を書いている間に、勝ったーーーーーー!
 (書くの遅い。。) よかった、よかった。(感涙)

投稿:by スタッフ 2007 12 02 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック