« 自己表現の手段として(宮城) | トップページ | ラストスパート! »

2007.11.27

保育ママ(伊藤淳司)

今年の4月に生まれた娘もはや7ヶ月。
すっかり行動範囲も広がり、意思表示もはっきりするようになりました。

それに伴って僕も奥さんもさらに、この子のためにも
仕事と育児を両立させたいと思う気持ちが強くなりました。
ただ預ける先が。。保育園はもちろん満員、、

そんなとき、我が家に朗報が!!

住んでいる区の「保育ママ」さんに娘を預かってもらえることになったのです。
この「保育ママ」は、地域の中で、子育てを終えた家庭福祉員という
一定以上の資格を持ち、区が認めた先輩ママが、自宅などで子どもを保育してくれる
という制度だそうです。

我が家がある区では、この保育ママは10数名しかいらっしゃらず、
預かってくれる子どもは1名の先輩ママにつき数名と狭き門なのですが
早くから申し込みをしていたせいなのか、我が家の熱い思いが伝わったのか
運よく第一希望の自宅近くの保育ママに預かってもらえることになりました。

昨日、早速、3名で保育ママのご自宅に面接に行ったきたのですが、
とても感じの良い方で、既にお子さんを3人育てられ、かつ、
8年も保育ママをしているベテランママでした。

保育スペースも我が家よりも大変充実しており
たくさんのおもちゃと写真が飾ってあり、とてもアットホームな感じ♪

「屋上にはお砂(砂場ですね)と御すべり(滑り台のこと)もあるのよ」
と爽やかに語る保育ママ。うーん、僕も使ってみたい・・

すっかり安心したのか、娘も面接中にも関わらず熟睡へ。。

人に預けるのは、それはそれで心配でしたが、
こんな良い環境で預かってもらえるのは、娘にとっても幸せなことで
保育ママをはじめ地域の方々の支えがあってのことだと改めて思いました。

これから、ますます、ワークライフバランスを取りつつ
仕事に育児に頑張りたいと思います!

投稿:by スタッフ 2007 11 27 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59614/17219397

この記事へのトラックバック一覧です: 保育ママ(伊藤淳司):

コメント

へぇー、そんな制度あるんやね。
いいねー!

投稿者: luke (2007/11/29 10:59:44)

コメントを書く