« 2006年04月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.27

2ヶ月限定☆短期集中ETIC体験記(桂亜沙美)

お世話になっております。ETICの桂です。

すっかりお馴染みとなったこの書き出し↑。
もはや寝ながらでも書けるかもしれません。
けれどこんな言葉を書くのも、もうこれが最後でしょう。
というのも、ETICでインターンを始めて早2ヶ月…
ついに私にも任期終了の時がやってきました。

というわけで!
今日は、インターン生としてETICで過ごした
まるでジェットコースターのような2ヶ月間を、
あらためて振り返ってみたいと思います。

【2月某日】〜出会い期〜

●今年6月から社会人になることが決定した私は、
 就職前にインターンしようと思い立つ。
 受入先を探しにETICのセミナーに参加し、
 茶髪の偉い人とお話をする。 
     →なぜかETICでインターンすることが決まる。

【4月上旬】〜驚き期〜

●初出勤。なぜかオフィスに赤ちゃんがハイハイしててビビる。

●チャレコミ事務局担当になる。
 Yりさんに「じゃ明日までにプレスリリース書いてきて」と言われる
  →無謀。

●とりあえずプレスリリースと告知メール文を作って提出(デタラメ)。
  →A子さんの目が点になる。

●助成事業募集のお知らせメールを日本中に乱れ打ち。
  →ETIC=ド根性系NPO とようやく悟る。

●全国のマスコミ各社にプレス配信+電話で掲載依頼
   →千本ノック並の電話かけでリアルに死にかける。

【4月下旬】〜こなれ期〜

●ようやくこなれてくる。
 →無駄に出張についていく。

●応募者とのやりとり、書類の管理を担当。
  →私の机が書類の山と化す。時々なだれ。

●アポ取り。全国の起業家さんとお話しできて嬉しい。

【5月上旬】〜どっぷりETIC生活期〜

●出張手配。社員みなさんの予定、動向、移動を把握。
  →お母さんのような気持ちになる。

●応募者とのメール
  たった一通のメール。重みを深く感じる。

●選考会。スゴイ会議。
 この頃ようやく文脈をちゃんと理解。議事録が書けるようになる。

●偉人のお話を聞きにいく。心が洗われる。

●ギャザリング前。仕事に追われまくる。
 イベント前独特の緊張感につつまれ、テンパる。
  →CPさんたちが夢に登場=寝ても覚めてもETIC。

【5月下旬】〜嵐のあと期〜

●ギャザリング
 全国から志あふれる起業家さんたちが集まり、夢を語る熱い会。
 運営と体調不良でヒーヒー言いながらも、ついつい影響を受ける。
 
●ETIC最終勤務日。
 もう私の仕事がほとんどなくなっていた。
今までの重要書類も全て要らないものになっていた。
   →シュレッダー祭り開催☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな感じの、訳のわからない2ヶ月間でした(笑)
みなさまには本当にお世話になりました。
私がどの程度お役に立つことが出来たのかはわかりませんが、
私にとってはどれもすごく貴重な経験でした。
漠然と日本をもっとよくしたいと考えていただけの私に、
ETICはいい意味で現実を教えてくれました。

来週からは、某人材紹介の会社で働きます。
この2ヶ月で学んだこと、考えたことを、ここで活かしていきたいです。

私は昔「人に影響を与えられる人になりたい」と思っていたけれど、
人を変えるとか、人を幸せにすることって
思うよりすごく難しいことだと思います。
人はそれぞれ違うから、それぞれの事情、プライド、
責任、信念、人それぞれに守らなきゃいけないものがあって
なかなか上手くいかない。

だけど、人が変わっていく、あるいは人が自分らしくいられる、
その人にとって「出会うべき場所」をみつけることなら、
私にも何らかのお手伝いが出来るかもしれません。

たとえば、障害や言語など何かトラブルを抱える人や
希望を持てないニート引きこもりなど
世間でマイノリティ扱いされうる人が
心から自分の価値を感じていられるような
居場所に辿り着くお手伝いができたら。

みんなが他愛のないことで爆笑していられるような、
偽ることや苦しむことの必要のない
素敵な社会の仕組みができたら。

日本がもっと優しくて余裕のある、
イイ雰囲気の国にななったら。

いいなぁ、と願います。

ETICで出会うことが出来た
多くの起業家精神あふれる方々の姿を見習って、
自分の願いのためにできることを考え、
ちょっとづつ行動を起こしていこうと思います。

ありがとうございました!

投稿:by スタッフ 2006 05 27 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2006.05.25

創業支援の達人(山内幸治)

2年前に始めてお会いし、その後、勝手に師匠と仰いでいる方がいます。
創業不毛の土地と言われた静岡で、3年間で200の新規事業立ち上げを支援され、
地場産業の世界進出や、デザイナーとのコラボ商品開発なども手掛けています。

そのSOHOしずおかの小出さんが、これまでの経験をまとめた本を出版されました!

(株)サイビズさんから、4月25日(火)に
全国主要書店/Amazonなどにて一斉に発売!

興味のある方は、ぜひ手にとってみてください。

-----------------------------------------------------------------
『あなたの起業成功させます
 ~創業支援施設SOHOしずおかの起業マネージャー奮闘記』

<目次>

第一章 「創業支援施設」、開所1週間前の辞令
第二章 創業支援施設は「入居者選び」がすべての基本
第三章 「SOHOしずおか」、起業マネージメント24時
第四章 熱意は通じる。PR大作戦
第五章 静岡に吹いた熱い風
第六章 「SOHOしずおか」が築く未来
第七章 「SOHOしずおか」へのメッセージ
第八章 起業マネージャーに求められる条件


~著者である、
 SOHOしずおか インキュベーションマネージャー小出宗昭氏より~

この本は起業を目指している方や、起業支援をしている方々の
為のノウハウ本ではありません。また、著者も小出宗昭となっていますが、
私や、SOHOしずおかだけの本でもありません。
この本は、過去5年間の『SOHOしずおか』というプロジェクトに関わった、
全ての尊い”チャレンジャー”達の本です。

SOHOしずおかが開設した5年前、人の気配もまばらだったこの場所は今、
月間1,000人が来場しうち100人が相談を持ちかけ、マスコミからも
注目され、全国のあらゆる施設からの視察が絶え間ないという多忙を極める
公的創業支援施設へと躍進をとげました。

何も特別な方法を使ったわけではないですから、この5年間という
道のりの中で壁にぶつかった事が何度あったことかわかりません。
しかし、『SOHOしずおか』は決して後ろに引き下がることなく、
一つ一つの課題、そしてプロジェクトに真摯に取り組み続けてきました。
それが、今日の『SOHOしずおか』となった決定的な要因の一つであると
思います。

この事を、創業支援施設に関わっている行政関係の方々や私のような立場の
支援者、そして実際に起業を目指している方々など、できるだけ多くの人達
に知っていただきたいと強く願った結果、この本の出版が決定しました。

0(ゼロ)から何かを始めるとき、我々は不安になり、前に進む事を躊躇
したりします。


けれども、結果がどうなるのか『やってみなくちゃわからない』。

目標を見失って、ちょっと元気が無い方々には是非とも一読していただきたい
と思っています。今までとは違った何か『新しい発想』を生み出すお手伝いを、
この本が多少なりとも出来ると信じて。

投稿:by スタッフ 2006 05 25 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.23

お坊さん手作り「精進料理のお弁当」(竹内 路子)

  三帰天海(みきてんかい)さんというお坊さん。

  一風変わっていて、代官山駅前に立って、平日毎日、手作り精進料理の
  お弁当を売っていらっしゃるとのこと。

  ブログなどでも、色々と紹介されてます。
  http://www.tsutagawa.co.jp/retail/retail_04.html
  http://masaking.blog21.fc2.com/blog-category-3.html  
http://plaza.rakuten.co.jp/letssoshoku/8009

  成田市の有機野菜を中心に、砂糖や化学調味料を一切使わない精進料理。
  毎日届く野菜をみて、そのご縁を生かした料理方法、メニューを決める
  とのこと。20個限定、売り切れしだい終了。(お弁当一つ600円~1250円)
  スープストックの社長もここのお弁当のファンだそうです。

  この方、ニューヨークのインド系の寺院の厨房や
  東京のドイツ人デザイナーのアパレルブランドで
  ベジタリアン社員食堂の専属料理人として勤務したこともあるという
  ユニークな経歴のお坊さん。
  現在は、和の形式にとらわれない独自のスタイルの
  精進料理を提供しているのだそうです。

  ちなみに、ちなみに、「エコライフ・フェア2006」
  2006.6月3日(土)4日(日)

  ●代々木公園 イベント広場とけやき並木(NHKホール前)
  ・3日(土)11:00~17:00
  ・4日(日)10:00~17:00 雨天決行
  
  にもイベント出店されるそうです。精力的だなぁ…。

投稿:by スタッフ 2006 05 23 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.22

【往年アイセッカー大集合♪】(細田飛鳥)

060502_20300001
060502_20310001

ETIC.にはスタッフの誕生日をみんなでお祝いする
というカルチャーがあります。

というわけで、先日行われた生粋のエティッカー、
じゅんじさんの誕生日会のお話をしたいと思います~♪

普段、出張などで忙しいじゅんじさんには
夫婦で楽しめるものということで、
ディズニーランドのペアチケットとハーゲンダッツの
プレゼント♪
リフレッシュがてら、行って来てください^^。

誕生日会のたびに、みんなで集合写真を撮り、
それをオフィスに貼る習慣もあります。(これは最近始まったはやり☆)
オフィスに来た方は、是非ご覧になって下さいませ。


そんなじゅんじさんの誕生日の裏側で、もう一つ
面白い事件が。

30代の往年アイセッカーが大集合したのです。
大物?アイセッカーばかりで、異様に様になってます笑。
写真はその一コマ。

やはり30代は貫禄が違う!!

追伸:みなさま、是非写真を堪能下さいませ♪♪

投稿:by スタッフ 2006 05 22 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.21

【自分プロジェクト経営第一期報告会】(細田飛鳥)

060514_19030001
060514_19040001

先日、ETIC.セミナールームにて
第一期の自分プロジェクト経営の報告会が行われました♪

最終報告会が終わってから約一ヵ月半、
それぞれのプロジェクトは進んだのか、
今後どうしていくのか?
それをプレゼンする場でした♪

ゲストとして、第二期候補生やOBOGインターン生、社会人
なども加わり、盛り上がりました。

自分プロジェクト経営とは・・・・・
ETIC.インターン卒業生向けのプログラムなのです。

このプログラム、「インターン卒業後のプログラムもあるらしいよ!」
と、最近巷では、話題沸騰のようです。
詳細は下記になっていますので、興味のある人は是非!!

報告会のあとは、もちろんお決まりの飲み会!
飛び込み参加もあったりして、熱く盛り上がりました。


▼自分プロジェクト経営の詳細はこちら↓↓↓
第二期募集間近です!
※(注)これは全て第一期の過去の日程です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターンは「他人のフィールド」を活用して成長する機会だとすると、
今度は「自分のフィールド」を深める機会。
自分の想いや考えていることを、具体的な一歩へ
進められる機会になると思います。


興味をもたれた方は、ぜひお申し込みください。


★インターンシップで感じたこと、考えたことを、
 今度は「自分のフィールド」で現実化させよう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~ずっと思っていたことを、今、形にする~

  『 自分のプロジェクトを経営する』
 
   ★ 自分を、社会を変えるアクションをするための手法を学ぶ ★
   +…………………………………………………………………………+  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■例えばこんな人におススメ!!
 ………………………………………
   ○地元の商店街が元気なくなってきてるなぁ。もったいないなぁ、
    何か力になれないかなぁ。
   ○自分は就職活動で初めて自分の将来のことを考えたけど、もっと小学生
    や中学生から、そういうこと考えられるようにしたいなぁ。
    そういう機会があったらいいのに。
   ○インターンで本当に貴重な経験ができた。もっと大学の周りの人にも
    この機会を知ってもらって、広めたい!
   ○今の世の中じゃ、安心して子供を生めない。もっと女性が仕事と家庭
    を両立できる世の中にしたい!
   ○大学の教科書って高い!何とかしたい!これってビジネスにならないかなぁ
   ○先輩が仕事のことで精神的にまいってる。最近、心の病で悩む人って
    増えてるなぁ。うまく解決する仕組みを作れないかなぁ。
   ○衰退してる地元の農家をなんとかしたい!どう手をつけたらいいんだ?
   ○世の中の紛争をなくすために、もっとお互いの国の人つながる必要が
    ある。インターネットを使ってそんな仕組み作れないかなぁ
   ○途上国の飢餓の問題は深刻だ。でも自分に何ができるんだろう。
   ○軽い障がいをもってる弟がまともな仕事に就けなくて困ってる。
    こんな風に困ってる障がい者って全国にたくさんいるんじゃないか。
   ○自分の地元はどんどん過疎化が進んでいって、元気がなくなっている。
    もっと地域が元気になっていくために何かできないかぁ。


◆・◇・◆


  インターンシップで気付いたこと、前からやってみたいと思ってたこと、
  身の回り、世の中で問題だ!課題だ!と思うことを
  自ら現実化・解決するために、はじめの一歩を踏み出してみませんか?

  このプログラムでは、ETIC.のインターン経験者を対象に、
  自分の想いや、ふと思いついたアイデアを、
  形に結び付けていくためのノウハウを得ることから始まり、

  実際に自分が今やるべきことが明確になり、
  すぐにでもアクションしたくなる、アクションできる!というところまで、

  同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しながら、ETIC.のスタッフや
  外部の専門家・若手起業家の方を交え、ブラッシュアップしていきます。


--------------------------------------------------------
 ■ プログラム概要 
--------------------------------------------------------

 ・プログラムスケジュール

   第1回 2月18日(土)13時半-18時頃
   第2回 3月04日(土)13時半-17時頃
   第3回 3月19日(日)13時半-16時頃
   第4回 4月01日(土)13時半-19時頃

   *各回の間では、参加者各自がフィールドワークを行います。
   *原則、全4回参加必須となります。
    どうしてもこの日は予定が合わない!という方はご相談ください。

 ・場 所 :NPO法人ETIC.セミナールーム
      http://www.etic.or.jp/etic/access.html
       (JR渋谷駅徒歩10分/JR原宿駅徒歩8分)

 ・参加費 :1回1500円
 ・定 員 :限定15人
 ・対 象 :漠然とでも、身の回りや世の中についての問題意識や
       何かしたいという想いをもっている人
      (プランでなくてもぜんぜんOKです♪)

 ・主 催 :NPO法人ETIC.(エティック)


--------------------------------------------------------
 ■ プログラム詳細
--------------------------------------------------------

 ○プログラムの中心となるグループディスカッションは、4人程度の小グルー
  プに分かれ、ETIC.コーディネーターがファシリテーターとして入りま
  す。様々な想いを持った参加者が集まり、意見を交わすことで自分ひとりで
  は考えつかなかったような視点やアイデアを得ることができます。
  また、期間中は、お互いが良きライバルとして、相互に刺激し合い、共にプ
  ロジェクト化に向けて切磋琢磨をしていきます。

 ○プログラム実施日以外に、ETIC.コーディネーターや、場合によっては
  外部の専門家などとの個別相談の時間を設定することも可能です。


 ▼第1回 自分プロジェクト経営概論【2月18日(土)】

   20代の若手起業家や、想いを形にしている人々が、自ら出会った問題にど
   う取り組み、発想してきたかなどのケースを参考に、想いを「プロジェク
   ト化」していくための極意を講義形式で学びます。

   その上で、参加者自身が胸の内に秘めている問題意識、どうしても取り組
   んでみたかったことを、より明確なカタチにしてみる、アクションプラン
   に落とし込んでいく作業を行っていきます。

  ▽フィールドワーク(1)      【2月19日~3月03日】


 ▼第2回 ゲスト講演 【3月04日(土)】

   自分の想いや問題意識を事業として形にしていった若手起業家の方のリアル
   な体験談を聞き、プロジェクトを前に進める上での大切な視点、必要な心構
   え、そして具体的な動き方など感じていただきます。

   またフィールドワークでの気付き、具体的成果をもとに、次なるアクション
   プランをブラッシュアップしていきます。

  ▽フィールドワーク(2)      【3月5日~3月18日】


 ▼第3回 中間発表会 【3月19日(日)】

   ここまでの1ヶ月のアクションをいったんまとめ、発表してもらいます。
   自分のグループ以外の人も含め、多様な参加者の視点からお互いの
   プロジェクトをブラッシュアップしていきます。

  ▽フィールドワーク(3)      【3月20日~3月30日】


 ▼第4回 最終発表会 【4月01日(土)】

   この日までにブラッシュアップしたプロジェクトの、今後のアクションを
   発表してもらいます。当日は若手起業家や外部の専門家の方にも
   来てもらい、アドバイスとエールをいただきます。

投稿:by スタッフ 2006 05 21 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.12

愛とユーモアを添えた医療(竹内 路子)

面白いクリニックを発見しました。

おげんきクリニック
http://ogenki-clinic.com/

いわゆる、島の先生ですが、そのスタイルがとってもユニーク。

先生、往診の時には、こんな格好…


  http://image.blog.livedoor.jp/ogenki_clinic/imgs/a/3/a35a2d18.jpg
  ちなみに、同行する看護婦さんも、クリニックのキャラクターである
  のんたくんという「たぬきの着ぐるみ(笑)」で
  患者さんの家までの山道を登っていきます。

  小さな島の開業医だったお父さんの姿をみながら医者を志し、
  大学病院で勤務医をしていた頃、パッチアダムズと出会い、開眼。
  自然とユーモア溢れる病院を作りたい!と郷里の病院を継ぐことを決意。
  思いやり医療を広めたいという言行一致の医療にファンが増え、
  テレビや雑誌の取材が口コミで集まるようになり、
  今では島の外からも看護師さんが応募してくる病院になりました。

  患者さんもすごくにこやかで、往診で先生が来てくれることを楽しみに
  している方が多く、愛されているんだなー、って感じがしました。
  「手術がとても丁寧で安心」という、おばあさんも。

  この先生の日記で現場で働く看護師さんについて触れる、
  素敵な一節があったので、抜粋。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  「1月21日の午後、周南記念病院で講演をさせていただきました。
  看護師さんからの依頼で、「スタッフに元気を」との目的でした。

  忙しさのあまりに、自分達の仕事のすばらしさが味わえない、
  いわゆる「バーンアウト」に近い状態と考えられます。

  パッチアダムスも「パッチアダムスと夢の病院」という
  本の中で書いておりますが、今の医療現場では
  自分達の仕事のすばらしさを味わえない環境になっていることを
  挙げています。

  それゆえにパッチの目指す夢の病院はスタッフを大切にすることを
  とても重要視しています。

  自分達の医療や看護が患者さんや家族にとって
  喜ばれていることを味わう余裕が大切です。

  ぎりぎりの人数で信頼関係を築く時間がない状態での医療は最悪です。
  ミスを起こすことで逆に患者も家族も医療者も
  最悪の経験をすることになります。

  もちろんそんな職場環境も問題ですが、
  患者や家族と信頼関係を築こうという心を持つことで
  変わることも沢山あります。

  今回の講演はそのことをまずみんなに気付いてもらえ
  ればとの思いで講演してきました。

  90分の予定でしたが、なんと120分しゃべり
  続けてしまいました。

  聞きに来てくれた皆さんにはご迷惑をおかけしましたが、
  最後までご清聴していただき有難うございました。

  今回は今までにはない位、たくさんの思いをまさに思いっきり
  話させていただきました。

  本当に有難うございました。

  いい医療や介護を届けたいと思うスタッフといい医療や介護を受けたい
  患者や利用者が信頼関係で結ばれるって、
  考えただけでも素敵なことですよね。

  素敵だけじゃなくてお互いが幸せになれると思います。
  そんな職場だったらスタッフも元気になると思います。

  そんな医療や介護があふれる日本にしていきたいと
  思います。これからもみんなで一緒に頑張りましょう!

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  しかも、実際にこの病院で働く看護士さんの声もいいの。

  ●私にとって、看護師を目指していた若かったあの頃の熱いものを
   思い出させてくれる場所。いつでもフッと初心に返ることができる、
   どきどきさせてくれる、そんなところです。ひとし先生は、私にとって
   サプリメント。毎日あの笑顔に癒されて私まで笑顔になってしまいます

  ●いろんな病院で働いてきましたが、こんなに患者さんとの距離が
   近く、患者さんも職員も仲間のような集いのように過ごせる病院は
   他にはないです

  ●初めて来られた方は、のんたくんだらけの内装やお面をかぶせられたり
   でびっくりされるかもしれません。これは決して変な趣味がある訳では
   なく、患者様にリラックスして頂き、医療者と何でも話せる信頼関係を
   つくるためのことなのです。もっと、それぞれの患者様にとって健康で
   幸せな生活を送るお手伝いができるよう、私自身パワーアップしていき
   たいと思います。


  ETIC.でもぜひ呼んで講演会をしたいなぁと思いました。

投稿:by スタッフ 2006 05 12 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.11

カフェは無いが、うどんやならある(吉田早有理)

200606012002
皆さん、知っていますか?
香川のうどんは東京のカフェーより安いんです。

そして、うまい(T T)・・・・

ゴールデンウィークを利用し、
実家の香川に帰ってきました。

香川のローカル電車「琴平電鉄(通称:ことでん)」に1時間ほどゆられ、
おばあちゃんちにいったときのこと。

さて、どこかの駅で途中下車して、
ちょっくらお茶でも飲もうかなーと思ったとき。

電車の外に広がるのは、

 田んぼ、田んぼ、田んぼ、
 時々家、時々店、
 田んぼ、田んぼ、田んぼ・・・

ガーーーーン・・・
すっかり忘れてた・・・、ここは東京じゃない。

東京で働くようになって、
駅前には、スターバックスなど、喫茶店があるのが
当たり前の生活に慣れていました。

でも、香川には、信号の数より多いといわれる
うどんやがあるではないか!おまけに、一杯100円!

無事、途中下車。
コーヒーの代わりに、
近くの小さいうどんやでうどん一玉をぺろっとをたいらげ、
ぼーっとし、至福の時をすごしました。

空腹に染みわたるだしの味。
ほどよくお腹を満たす、うどん。

香川に生まれてよかった(ーー)
と、しみじみ思った帰省でした♪

投稿:by スタッフ 2006 05 11 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.10

ETIC.ウェブサイトリニューアル進行中(野村 学)

ゴールデンウィークも明け、新年度も本格化した感があります。
ETIC.のウェブサイトも、連休中はアクセス数も少なめでしたが、連休明けには、多くの方がご覧になられていることが分かります。

そうした中で、ETIC.では新年度の大きなイベントが控えており、

5月23日(火)にはチャレンジ・コミュニティ創成プロジェクトの今後の柱となるべきプログラムである、
Cp_academy
CPアカデミー開講記念講座」が行われるほか、


6月24日(土)、25日(日)には
If_banner_3
(おもろい社長+おもろい仕事)×50!」というタイトルで、インターンシップフェアを開催します。


この他にも、イベント情報を色々とETIC.ウェブサイト掲載しております。

こういったイベント情報ページは従来から専用ページを作成したりしていましたが、
このところは、ウェブサイト内のリニューアルを積極的におこなっており、
ウェブサイト自体の利便性向上を目指しています。

目立つところでは、3月17日に発表した新ロゴと共にイメージを一新しましたヘッダー(タブ)部分とサイト構成。この他、今まで無かったのが不思議なサイトマップ等もお気づきの方がいらっしゃるかと思います。

これまでのサイトでは、なるべく多くの方との出会いを目指してページ作りを続けてきましたが、今後はそれと共に、いままでETIC.と接点のあったにも関わらず、、このところは縁が細くなっていた方々に、様々なサービスと共に情報をご提供できればと考えております。

サイト内には未だ製作中の部分も多いですが、日々完成度を高めるべく、各担当は頑張っています。

ETIC.のウェブサイトをご覧になった際に、気になった点・ご感想等ありましたら、是非info@etic.or.jpまで、お寄せ下さい。
忌憚の無いご意見・ご要望をお待ちしております。

投稿:by NPO法人ETIC. 2006 05 10 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.09

田舎の魅力 発見!(石塚 真保)

ここにいては、きっとダメになる。

そう思い、東京に出てきて早7年。

地方に関するプロジェクトに関わっているためか、
http://www.challenge-producer.net/
地元の動きが気になって仕方がありません。

それも、私も実は知らなかったのですが、
地域活性のため、町をあげて様々な取り組みをしているらしいのです。

例えば、
ひなまつり
http://www.makabe-hina.com/

つくばエクスプレスの開通もあり、
車があれば、東京から約2時間という近さのため、
さる外国の大使が見物に来たとか来ないとか。

例えば、
夜祭り
http://www.makabe.or.jp/whats/event/170820yomaturi/170820_24yomaturi.htm

国指定伝統的工芸品にも認定されている石灯籠を
使用したお祭り。
http://www.makabe.or.jp/jiten/stone/main.htm

などなど。


地元も悪くない!!!

そう思う今日この頃です(注:車が運転できれば。。。結構、死活問題です。)

そんな地域の魅力、地元の魅力に気づき始めた方へのイベントを
5月23日に開催
します!

・あれ?実は地域にはこんな可能性があったんだ!
・地方大好き!
・実は最近地元がちょっと気になっていて、、、

そんな方はぜひご参加ください♪


●100人で日本の未来を語ろう!!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃『 若者が元気になり、地域が元気になり、日本が元気になる!?』 ┃
┗━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┓
    ┃ 2006年5月23日(火)19:00-21:30@渋谷 ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        http://www.challenge-producer.net/academy_open.html

  若者が元気になり、地域が元気になる!
  「結果として」地域が活性される。

  その背景には、必ず、
  若者とプロジェクトを影からサポートする”仕掛け人”がいます。

  今回、その地域の”仕掛け人(チャレンジ・プロデューサー)”が
  集まり、地域を元気にする、そして日本を元気にする仲間のために、
  「地域の最前線」と「本音」を熱く語ります!

    * 地域で成功する秘訣は?
    * 地域で起業するってことは?
    * 若者って元気になるの?
    * これが私のターニングポイント!
    * 東京ではない、地域でできることは?
    * サラリーマン時代のお給料と比べると1/3、
      それでも地域で起業するのはなぜ?

  また、今回は講演だけではなく、参加者も一当事者として語れる
  テーブルセッションをご用意し個別の質問にもじっくりお答えします。

  全国のチャレンジ・プロデューサーと、志を同じくする仲間と、
  同じ課題を抱える実践家と…、
  たくさんの出会いがある場所に、ぜひご参加ください!!


─────────────────────────────────
 ■CPアカデミーとは?
─────────────────────────────────
 「CPアカデミー」は、地域で実践する新しい若者人材育成のありかた、
 地域が活性するプロデュースのありかたなどを学ぶ場です。
 今回のイベントは、「CPアカデミー」が、8月に開校することを記念
 するキャンペーンの一環となっています。 ~~~~~~~~~~
 CPアカデミーの詳細はこちら → http://www.challenge-producer.net/academy.html

─────────────────────────────────
 ■開催概要
─────────────────────────────────
 ・日 時 :2006年5月23日(火)19:00-21:30(18:40 開場)
 ・場 所 :渋谷 T'sビジネスタワー 6階ホール
       住所:東京都渋谷区渋谷2-17-3
        地図:http://www.tsrental.jp/access/index.html
 ・参加費 :無料(ただし懇親会は1,000円)
 ・定 員 :100名
 ・申込み :下記ウェブサイトからご登録ください(5月19日(金)まで)
       http://www.challenge-producer.net/academy_open.html
 ・主催  :チャレンジ・コミュニティ創成プロジェクト
      :財団法人 ベンチャー・エンタープライズセンター
 ・後援  :経済産業省
 ・問合せ :NPO法人エティック  担当 三室 三好
       03-5784-2115 / info@challenge-community.jp
─────────────────────────────────
 ■ご来場いただきたい方
─────────────────────────────────
 ・若者の人材育成に関わっている方
 ・自らが、元気になりたい方
 ・イノベーションを起こしたい方
 ・地域を元気にしたいと考えている方
 ・日本を元気にしていと考えている方
  
  (*学生、行政マン、会社員など、職種は問いません!)

─────────────────────────────────
 ■プログラム
─────────────────────────────────

 ●19:00-19:30 オープニングトーク〈全体会〉
   ~地域にはプロデューサーが必要だ!
     CPアカデミー開講、日本中にプロデューサーを生み出そう~

 ●19:40-20:50 テーブルセッション
   ~最前線のCPと語る
     CPのビジョン・仕事・生き方に出会う~

  ・現在、全国で活躍しているCPが、その魅力や醍醐味を語る
  ・ビジョン、仕事、生き方のリアリティを見る
  ・CPになりたい、CPとしてやっていける、両方の感覚を
   持てれば、あなたはCPになる?

 ●21:00-21:30 プロデューサーズ・ナイト〈懇親会〉
   ~チャレンジをプロデュースしたい!
     志を同じくするプロデューサーたちとの出会いの場所~

─────────────────────────────────
 ■お申し込みについて
─────────────────────────────────
 ◎参加費は無料です(但し、懇親会参加者は、実費1,000円)

 下記ウェブサイトからお申し込みください。

    ★応募締切:5月19日(金)まで
   → http://www.challenge-producer.net/academy_open.html

 問合せ :NPO法人エティック  担当 三室 三好
      03-5784-2115  / info@challenge-community.jp

投稿:by スタッフ 2006 05 09 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2006.05.08

超・早寝早起き(鈴木敦子)

私の最近の生活ですが、、、


なんと、21時に寝ちゃってます!!

子供を寝かしつけるのに約30分ぐらい「寝たふり」をしなくてはならず、
そのうちに、自分が寝ちゃうんです・・・


30分の寝たふりって、結構つらいですよ、、、、
かなりの確立の人がそのまま寝てしまうでしょう・・・笑


そして、たっぷりと睡眠をとって、
5時に起床!!


それから、7時に娘がおきてくるまでの時間が私の自由時間です♪
(だいたいメールのチェックとしかしてますが、、、)


今、私にとって、0時って、真夜中です(笑)
小学生か!?
大人って真夜中に何してるんだろう~みたいな(笑)

超早寝早起きのせいか、風邪を引いても、だいたい1日で治るようになりました!!
また、仕事の処理も速くできます♪♪


復帰直後は、仕事を踏ん張らなくては、、、とよく2時3時まで起きて
仕事してましたが、それをすると、次の日の体調がよくないし、
結局日中も眠いしだるいしで、あんまり効率があがりませんでした。


ちゃんと寝るって、ほんとにすばらしいです。


超・早寝早起き生活、おススメです♪

投稿:by スタッフ 2006 05 08 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.05.01

学生起業家

こんにちは。加勢です。


最近学生起業家に会うことがたまにある。

なかなかみんな頼もしい人ばかり・・・

みんなまだ20代前半にして、
取締役や代表をしている子達ばかりであるが、

肩書きなんてどうでもいい、ただやりたいことをやっている気がする。
それはETIC.周りなのか、世の中がそうなのかわからない。

スタイル2004をやっていた頃であった起業家の子達は、
結局、会社をつくって法人化までしたに、なぜかその事業を
続けずに、大手企業に就職をしている。

うーん。。。顧客がいてその人を信頼してやっているのに、
なぜそうなるんだろう。。。

なので最近出会う子には、
続ける気があるのかをどうしても聞いてしまう。

でも、みんな頑張って欲しいなぁ・・・!!

投稿:by スタッフ 2006 05 01 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック