« 2006年03月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.28

北極星を求めて(三室 彩亜)

北極星とは、目指すところです。
ビジョン、未来像、目標…、ときにかたちは変えていきますが、
他の星の見え方が変わっても、それだけは決して変わらない北極星。

私のテーマのひとつである、複数のメンバーが関わることの北極星について、
書いてみたいと思います。

隣りにあるふたつの瞳と、同じ北極星を見上げることが、
とても難しいと感じるたびに、苦しいような空しいような想いに駆られます。


私がチャレコミ事業に関わって、そのひとつであるCP(チャレンジ・プロデューサー)アカデミーを
担当するようになったのは、たくさんのひとの想いがチャレコミに注がれて3年目の今春。

その重みを知れば知るほど、
「北極星はどこだ~~~!」と、
私がわめきちらす場所ではない、今みなさまが見ている北極星を一緒に見よう、と思っていました。
それは決して受身というわけではなく、ビジョンに強く共感したからこその関わりなので、
とても自然なことでした。

しかし、実際に何かカタチをつくろうとすると、
北極星に向かう道順、光の当て方のほんの少しの違いから、イメージがずれていってしまうのです。
ビジョンは同じなのに、それをカタチにしようとすると、少しずつ違うカタチや言葉が出てきてしまうのです。

そのズレに気づいたひとが、その気づいた使命として、
「もう一度、みんなで北極星を見上げよう!」と言わなければならない…、
これまでそう心がけてきましたが、チャレコミのビジョンを前に、躊躇してしまっていました。


私にとって、ときに欠点ともなるところは、
「目的はなんだ?」
「本質はなんだ?」
と、しつこく問い続けることにあります。

それでも、ビジョンそのものや、それをカタチにしたものが、隣のひとと共有されていないとき、
いちばんに気づいて、それを問い続けるのが私の役割です。
それが時々邪魔だとされるときでも、
私自身はそうありたいと思います。


チャレコミ、CP(チャレンジ・プロデューサー)アカデミーという、とてもビジョナリーな場所で、
若者がインターンとしてチャレンジできるプロジェクトを生み出し、
そこに若者の挑戦をコーディネートしていくプロデューサーがたくさん生まれる…、
そんな仕組みをつくっていきたいと思います。

チャレコミの北極星を見上げながら。

投稿:by スタッフ 2006 04 28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.21

お祝い (高野 愛)

こんにちは、高野です。
突然ですが、今週末、ETIC.オフィスにて、おめでたい会が
開催されます♪

それは、ETIC.インターンOBで、現在は山形にて地域活性の
ために活躍している上條くんのご結婚、お祝い会です。

上條君が、ETIC.を通じてインターンシップに参加したのは、
数年前なので、その頃、ETIC.を通じて上條君と仲良くなった
みんなは、もう社会人なのですが彼のお祝い会を開催する
ため、数週間前から集まり、開催の計画を立てたそうです♪

当日は、30人以上の仲間が集まって、お祝いするとのこと。

それぞれ、大学や学年も違ったりしているのですが、ETIC.を
通じてインターンシップに参加した、というきっかけで出会い、
社会人になっても、楽しく話し合える関係になっている、とい
うのは、ETIC.スタッフの私にとっては、なんだか嬉しいお話
です♪

これからも、こんな会が、まわりでたくさん開催されるような、
ETIC.でありたいな~と思いました。

投稿:by スタッフ 2006 04 21 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2006.04.19

小さな叫び (田中 玲子)

先日、私の姪っ子が家に遊びに来ました!

前に会ったときは「あー」とかだったのが、
ちゃんと「これあげる」とかしゃべってました。
かわいぃ~(*^▽^*)

事務局長の鈴木の子供しかり、姪っ子しかり、
やっぱり子供は宝物なんだなと、思います。

ですが、、、

実は、Work-Life Innovators'でお会いした方が、
現在、妊娠4ヶ月。つわりが一番つらい時期なのです。

彼女は、仕事と育児の両立をしたいと考えていて、
つわりに耐えつつ、毎日電車で通勤しているのですが、
妊娠4ヶ月では、お腹も目立たないし、
なかなかつらい思いをすることも多いとのこと。

そこで、調べてみると、
ベネッセからは、「たまひよストラップ」という、妊娠を知らせるストラップがプレゼントであったり、
千代田区では、「妊娠バッジ」なるものを配っていたりしています。

妊娠4ヶ月の彼女も、たまひよストラップを付けているようですが、
なかなか気づいてもらえない!とのことです。

横にいる、インターン生の中島に聞いてみても、
「あぁ~、なんかそういうのありますよね!
 でも、実際には見たことないですね。。。」 と。

私は、実は聞いたことも見たこともないのですが、
こういったものが、ちゃんと広く社会に認知されるようになれば、
そして、ちゃんと社会全体で暖かく見守ることができれば、
もっと多くの女性が、働くママになっていけるんじゃないかと思います。

まだ、誰に何も訴えることのできない赤ちゃんの
小さな小さな叫びを形にしたこのストラップ/バッジ。

このようなストラップ/バッジを付けている方を見かけたら、
・電車やバスで席を譲る
・近くでタバコをすわない
などなど、やさしく見守っていきましょうね♪

私も、がんばりまーす!


Hatsu_ca13

Badge1

投稿:by スタッフ 2006 04 19 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.17

子育てインターン(伊藤淳司)

先日の日曜日、子育てインターン?をしました。

といっても、事務局長の鈴木と打ち合わせをする際に、
1歳と3ヶ月の鈴木の愛児「あーちゃん」が一緒なので
それでは我が家にご招待して、そこであーちゃんには
くつろいでもらいながら?打ち合わせをしましょうということに♪

いつもオフィスに登場して愛嬌を振りまく「あーちゃん」の登場と
いうことで、我が家も大掃除をしてお出迎え!

お昼に来たのでご飯を食べて早速のお昼寝、のはずが
なぜか虫の居所が悪く、オオ泣き・・(実は体調が悪かった模様)

母親パワーで鈴木が何とか寝かしつけて、やっとこ大人たちはランチ。
と思ったら1時間もしないうちに目が覚めて、またまたオオ泣き。

そうこうしてるうちに、ご機嫌がなおったのか、
今度は一緒に遊ぶことに。

箸が転んでも笑うというか、色々とモノが動いたりするだけで
キャッキャと、とても楽しそう♪

その後はみんなで近所の自由が丘でお散歩&ショッピング。
お母様が試着中でも、ちょっと姿が見えないととても
不安な様子。

抱っこをしたり、何とかして気を紛らわしている間に、お母様が
戻ってくるととてもうれしいそうなあーちゃん。

結局、打ち合わせは、予定通り1時間、喫茶店でできましたが
何回も抱っこしたり様子を見ているうちに、ほんの半日ですが
少しだけ赤ちゃんを「体験」できて、とても貴重な機会でした。

といっても実際はこの数百倍、大変なんでしょうが。

最近は少子化と言われる世の中。
身近に小さい子供がいなくて、子育ての楽しさが伝わりにくいにも
子供が減っている要因なのかも、とか思いました。

せめて大学生や若い夫婦の側で赤ちゃんが一緒に過ごす経験が
あれば、またイメージも沸きやすくなるのかな、などと考えて
とある休日の日曜日でした♪


投稿:by スタッフ 2006 04 17 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.13

塩釜とまぐろ (佐々木健介)

父親の田舎が、宮城県塩釜市。
まぐろで有名らしい港町。

ふだん東京という大きくも小さいエリアにずっといる僕にとって、
たまに触れる異文化はとてもおもしろい。

東京はとっくに散ったけど、こちらはまだまったく咲いていない桜。寒い。

駅に着いてすこしカネをおろそうと見渡すと、銀行・コンビ二なんてなくて、
それこそ消費者金融の看板ばかり。でも、これも、JAM西本がどうにかしてく
れるだろうと思い、とりあえず有り金でタクシー。

タクシーの運ちゃんは、何も知らない僕に、
「ここはうちの社長の家でね。」と近所のはなしをする。
必死に相槌を打とうとするも、なまりがきつすぎて70%ヒアリング不可能。


田舎の家に着くと「夕食は食べてからいくよ」と言っておいたのに、
何事もなかったように、かつおの刺身とほやの酢の物。うまいけど、腹いっぱい。。

田舎の家は、じいさんばあさん2人で住むにはとて広い。

体にいいとかで医者にすすめられたという、
何だかよく分からん大仰な電流セラピーみたいな装置と、
昼夜区別なく断続的になき続けるうぐいす。

次の日は、市民清掃とかで、近所の公園に朝6時に集合。
ってなんでそんな激早朝に。。結局雨で中止。

せっかくだからと親戚に挨拶。もう20年くらい会っていない「はとこ」は、
もう3歳の子どもがいるらしく、壁にはこどもの写真だらけ。
一応長男の長男である僕にもいいかんじに質問。いい人いるんでしょ。

帰りに、全国でも有名な本塩釜駅の「すし哲」で飯を食う。
地に根付いたすし屋で、おじさんおばさんの仲良しグループや
子連れがおおい。安いがとてもうまい。この前も旅番組に紹介されたとか。

なぜだかふと、商売を始めてたたんだ親戚の話や
戦死したひいじいさんの話を聞いて、今度じいさんの古希のお祝いしないとねと
言って新幹線で帰ってきた。

3年も行っていなかった田舎だが、いろんな人がいろんなこと考えて暮らしてる
んだというとても普通のことを感じた旅でした。

それにしても、塩釜のまぐろ、おいしかった。一度ご賞味あれ。

投稿:by スタッフ 2006 04 13 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.11

新会社法~有限会社が無くなる?~(野村 学)

年度が替わりご入学、ご就職といった環境の変化が感じられる時期と思います。
ETIC.のミッションに、起業支援がありますが、この分野でも大きな環境の変化がありました。
5月1日の新会社法施行です。今回のは100年ぶりといわれるほどの大改正です。

改正点は多くありますが、そのうちの幾つかを取り上げると、
・時限立法であった1円起業が恒久化
・株式会社制度の変更
・有限会社が設立不可に
などとなっています。
今までは起業の際には制限の緩やかな有限会社を選ぶ方が多かったのですが、今後は初めから株式会社を設立することとなります。
以前は、株式会社を始める際に取締役3名以上と監査役が必要でしたが、改正により、こうした制限が無くなり、社長一人でも株式会社が創れるようになりました。
反面、こうした以前の有限会社に変わるような株式会社の場合、株式譲渡に制限が加わる他、有限会社とは
・取締役の任期は10年まで(有限会社は任期なし)
・決算公告が必要
となっています。
また、既にある有限会社は、そのまま運営できます。

このほか、新たな会社組織形態として合同会社(LLC)や有限責任事業組合(LLP)が誕生しています。
起業家のニーズにあった、様々な選択肢が増えたといえるでしょう。

詳しくは、以下のLINK先に
「会社法」の概要
http://www.moj.go.jp/HOUAN/houan33.html
中小企業庁:マンガでわかる会社法
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/kaisyahou33/kaisyahou.htm

起業をする上でのハードルは、制度的な面で言えば10年前と比べると、格段に下がったといえるでしょう。ETIC.では社会に新しい価値を創造するアントレプレナーを応援しています。

投稿:by NPO法人ETIC. 2006 04 11 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.07

社会起業家リンク集♪(石塚真保)

社会起業家リンク集はないの?
社会起業家ブログリンク集があれば面白いのに。。。

最近、よく聞かれる質問です。

ということで!
作ってしまいました!

ETIC.周りにいる社会起業家だけでもたくさんいらっしゃいますので、
今回は、私が担当するNEC社会起業塾の過去塾生のリンク集です♪
http://www.etic.or.jp/svip/

おこめナビ(NPO法人TINA) http://www.okomenavi.jp/
おこめナビとは、生産者と消費者がお互いに喜べるお米づくりを目指し活動して
いる団体。
http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/e110/e110/

NPOカタリバ http://www.katariba.net/
NPOカタリバは、将来の選択に迷い始め、繊細な時期を生きる高校生の「なりた
い自分探し」の力になるべく活動している団体。
http://blog.livedoor.jp/kataribanohibi/

NPO法人CANVAS http://www.canvas.ws/
CANVASは、こどものための創造の場、表現の場を提供し、豊かな発想を養う土壌、
ブロードバンド時代のコンテンツを生む土壌を育てることを目標とした、様々な
分野の関係者の熱意の下に実現したプロジェクト。
http://www.canvas.ws/jp/hiroba/burogu.html

NPO法人かものはしプロジェクト http://www.kamonohashi-project.net/
カンボジアでは多くの人が貧困で苦しんでいます。その中でも農村部の人々は生
活するお金を得ようとして自分の子供を売春宿売ってしまうという現実がありま
す。この問題に取り組んでいるのがかものはしプロジェクト。
http://www.kamonohashi-project.net/blog/
http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/e057/e057/

株式会社K.K.C.(カワウチ・カイゴ・カンパニー) http://www.kaigo-shisetsu.com/
日本で誇り高く親を死なせてやれること、そして、自分自身も誇り高く日本で死
ねること、介護する側もされる側も満足する質の高い介護を広げていくことがK
KCのミッション。
http://blog.livedoor.jp/kawajun1980/

株式会社グローバルトレーディング http://www.g-trading.jp/
オンラインショップ「Lohasy」を基盤に、フェアトレードをコンセプトにしたサッ
カーボールブランド「SFIDA」やアパレルブランド「VOX」を立ち上げ、既存のフェ
アトレード商品の「知らない」「手に入りにくい」「ダサい」というイメージを
一新する。
http://blog.g-trading.jp/

NPO法人KOMPOSITION http://komposition.org/
NPO法人KOMPOSITIONは若い世代がアート・スポーツ・ビジネスなど、さまざまな
分野で自分の夢を具現化し、責任を負いながらチャレンジを続けるための支援を
行うことを目的とする団体。
http://komposition.at.webry.info/
http://d.hatena.ne.jp/teraiman/

NPOコトバノアトリエ http://www.kotolier.org/
コトバノアトリエは、子供たちに表現活動の機会を提供することを通じて、次世
代を担う人材の育成と、地域文化の振興を目指しているアートNPO。
http://kotolier.livedoor.biz/

株式会社ジャパンエリアマネジメント
地域衰退が叫ばれている中、日本には圧倒的に地域活性に携わる人も、投資され
るお金も少ないのが現状。ジャパンエリアマネジメント(JAM)はそんな地域
活性化に関わる「人」を増やし、地域活性のための「お金」を生むまちづくりの
会社です。
http://chihiblog.seesaa.net/

株式会社ヘルスコミュニケーション http://www.helcomi.com/
子どもの社会力向上をめざし、新米ママの子育て力を高める育児支援事業を行っ
ています。乳幼児親子教室「ペンプ」を運営
http://blog.goo.ne.jp/helcomi

NPO法人フローレンス http://www.florence.or.jp/
こどもの熱や軽い病気の時に、安心して預けられる場所が圧倒的に少ないという
「病児保育問題」は、子育てと仕事の両立に挑戦する方にとって大きな問題です。
NPO法人フローレンスは、そのような問題に対して誰もが仕事、子育て、そして
自己実現の両立に挑戦できる社会を目指して活動しています。
http://florence.seesaa.net/
http://komazaki.seesaa.net/


ちなみに、チャレンジコミュニティ創成事業のモデル団体もブログを
書いています。でも、長くなってしまうので、また今度♪

投稿:by スタッフ 2006 04 07 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.06

それでも、私は・・(鈴木敦子)

4月から、育児休暇も終わりということで、一応毎日働くことにしました♪
前回書いたように、かなりバタバタとしている毎日を過ごしています。


あっという間に、2週間が過ぎました。
早い、早すぎます。。
私はちゃんと1日を過ごしているのでしょうか!?

事務所に来ると、バタバタバターーーーと時間が過ぎて、
「あ!お迎えの時間~」って、走って保育園にお迎えにいって、
お腹すいたと不機嫌になっていく娘を乗せたバギーを押して、
またもや走って家に到着。
バタバタと夕飯の支度にて、お風呂に寝かしつけ・・・


そして、娘が寝た後は、明日のお弁当の準備とか洗濯とか、、
できるときにやっとかないと、追いつきませんーーー


週末も、1週間分の献立を考えて、作りおきに、買い物。
普段遊べない分、娘と午前も午後も公園へ、、、


そんな流れるような毎日で、しかも別の次元の自分がいる感じで、
実は、昨日やったことが思い出せません(笑)
ヤバイです。


それでも、私は明るく仕事して、明るく育児し、楽しく遊びたい。
娘とは、一緒に食事して、一緒にお風呂に入って、
一緒に寝て(寝たふりだけど、本当に寝てしまうことも。。)
そして、一緒に娘の成長を見届けたい。
そして、仕事もできる限りのことしたいし、
そして友人たちと遊ぶ時間も、
夫と遊ぶ時間も(実はこれが一番少ない時間かも!?)持ちたい。


できる時間で、やりたいこと、全部やってやる!!


例えノロウィルスにやられても。。。
(今週末は、激烈な胃腸痛でのた打ち回ってました。。)


過酷な環境ほど燃える、ETIC.精神満載の私なのでした(笑)
事務所で見かけたら、お声をかけてね♪♪


追記:夜がNGになってはじめて気がつきましたが、
    ETIC.の人、夜に働きすぎですーーーー!
    夜中に、重要なミーティングとかやめて~!!

投稿:by スタッフ 2006 04 06 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.05

渋谷B級グルメ=☆(渡辺寿)

060406_1





事務所そば、代々木公園の桜が散り始め、真新しい社章をつけた

フレッシュパーソンが、大勢で歩いている季節ですが、

いかがお過ごしでしょうか。

上記の画像は、渋谷B級グルメラーにはお馴染みの・・・

「ムルギー」のゆで卵入りカリー(税込1,000円)です。

かなり昭和、雰囲気が漂い、クレイジーケンバンドの昭和レジデンスの曲が、

似合う懐かしいお店です。(ボーイのお兄ちゃんも、服装や言葉遣いとか昭和

ぽかったです)

お店の名前の「ムルギー」は、インドで雛鳥という意味で、カレーも雛鳥を13種の

香辛料で1週間煮込んだカレーで、マジ癖になります。

渋谷には、結構カレー屋が多く、有名どころでは、パク森。

あと、ナンをその場で生地から作って焼いてくれるカンティプール。(このナンは

日本一うまいと思います)

あと、カレー屋晴之日もオススメです。

渋谷にお出かけの際には、是非、カレーを食べてみてください。

投稿:by スタッフ 2006 04 05 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.04

今、必要とされている人(宮城)

今日は、政府の若者支援の取組みを担当されている方が、相次
いでオフィスに相談に来られた。
18年度の政策を効果的にするために、知恵がほしい、もしくは
業務を委託できないか、という内容であった。
年々、ETIC.へのこうした相談は増加している。

若者支援やベンチャー支援の施策には政府も力点をおいており、平成15年度
から始まった「若者自立挑戦プラン」(内閣府、厚生労働省、経済産業省、文
部科学省等が連携 年間500億円超)をはじめ、毎年巨額の予算が配分され
ている。
しかし有効に使われているとは言い難い。
若者の問題や少子化の問題、地域活性、環境等現代の「社会問題」とさ
れるものは、単に助成をしたり、制度をつくったり、あるいは施設を作ったり設備
投資をするなど、従来の政策のアプローチではなかなか成果があがらないのが
現実である。
イベントや支援センターに人が集まっても、予算が切れたらそこで途絶えてしま
うなら、一時凌ぎにはなっても、問題の解決には至らない。
これまでの予算を使って得られた経験や資源をいかして、取組みを継続し、本
質的な課題の解決へ成果を挙げていくために何が必要か。
結局、その担い手となる人が必要とされている。
ETIC.でいえばCPである。課題解決の現場にはプロデューサーが必要とされて
いる。
結局このようなニーズで相談に来てくださるわけだが、
「この事業やってくださる方いませんか?」といわれても、すぐにうってつけの人
はいない。
結局これまで日本社会の構造のなかで、ビジネスモデルも成り立たず、プロが
育つ基盤がなかった。
そこに挑戦しているのがチャレコミ事業である。
まさに、これから社会的課題や地域が必要としている人材である。
役所の方には、「これから育つところだから、ちょっと待ってて」と申し上げた。


投稿:by スタッフ 2006 04 04 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2006.04.03

桜舞う季節(加勢 雅善)

こんにちは。加勢です。

年度が変わり、多くのみなさんが、新たな場所へと
環境の変化があったのではないでしょうか?

僕ももうすぐETIC.に来て2年になります!
今年度もみなさま何卒よろしくお願いいたします。

特にETIC.では、学生を中心の出会っている関係で、
就職し社会に出る人を多く目にします。

さてさて、そんなETIC.も今年5年ぶり?に、

新卒が入っていきました。
朝のMTGで軽い入社式を行い、
なんか年度が変わったのだなと実感しました。

その子に、どう心境は?と聞いてみると
「何も変わらないですね。だって昨日まで講座やってましたから」と
確か、インターン生として昨日まで講座をやって、今日から新卒として
入ってきているので、、、

そんな人をU氏は、『シームレス就職』と言っていました。

今年は知り合いや友人が社会人になっているなぁと、
一緒に住んでいる、6年までいった人や、
昔一緒に住んでいた、大分の人

大企業・ベンチャー・行政機関・大学進学と進路は様々ですが、
みなさんそれぞれのフィールドで頑張ってください!

いつ社会に出たのかわからないし、どれが初任給だったのか
わからない僕ですが、なんか年度が変わると気がひきしまりますね。

2006年度がみなさまにとってよい1年でありますように♪

投稿:by スタッフ 2006 04 03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック