« 遠く先に見える笑顔(佐藤 良枝) | トップページ | 現場に行くということ(内野博礼) »

2005.10.26

場当たり的な毎日(鈴木)

出産して育児生活がどたばたと始まったわけなのですが、
9ヶ月を過ぎて、最近ようやく
その状態を客観的に見ることができるようになりました。


とても、必死な毎日です。
なにせ初めての子育てです。
しかも、誰も教えてくれません。


赤ちゃんは1歳になるまでに、毎日毎日すご~い成長をしていくのですが、
その変化に母もついていかなければなりません。


なぜ泣くのか?
なぜ寝ないのか?
なぜ食べないのか?
なにか悪いのか?
どうしたらいいのか?
ちゃんと成長しているのか?
本当にこれでいいのか?


毎日毎日、何かしらで考えてるのです。
きっと、第2子であればそんなことはないと思いますが。


そして、最近ようやくそんな悩みにはいるときは、
客観的にその状態を見て、
「たいしたことじゃないか。」と心を落ち着けることができるようになったのです。


たとえば、うちの娘はあまり食べなくて、毎日離乳食を食べさせるのに
1時間ぐらいかかっていてかなりブルーなのですが、
「まあ、離乳食食べなかったからといって困ってる大人はいないか。」
というように。


それまでは、いちいち不安になってました。


自分のことならまだしも、娘のことですからね。


また、最近感じること。
今の自分ってすごく場当たり的に生きてるということ。


はっきりいって、明日は見えません(笑)


仕事をしているときは、
いつまでにどんな状態にしたい!そのためには・・・
なんて、目的的に生きていたのですが、
今は、どんな状態に・・・・といわれてもわからない。
いつまでに・・・といわれても私の都合ではどうにもならないし・・・・
てな感じです。


そんな毎日に何か違和感があったのですが、
それを客観的に自分の状態を見て、
それが場当たり的に生きている毎日だからかと
気がついたのはようやく最近です。


いつから目的的な毎日にもどれるのかな~?


なんか、立ち上げ期のベンチャー企業もそんな感じかも(笑)
と思うこのごろです。

投稿:by スタッフ 2005 10 26 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 場当たり的な毎日(鈴木):

コメント

コメントを書く