« 下月、我去中国。(佐々木健介) | トップページ | 地方から背水の陣で来る学生たち(伊藤淳司) »

2005.02.04

牛丼をめぐる闘い(宮城)

「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める会」
http://kaikin.jp/
さまざまないきさつがあり、なぜか私はこの会の代表幹事の一人を務めている。


「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める会」

筆頭の代表幹事はブックオフの坂本孝社長。
BSE問題によって中断されている米国産牛肉の輸入再開に向けて、焼肉、牛丼な
どの業界団体等と有志が連携し、署名活動等を通して政府等へ働きかけをしよう
という取り組みである。


先日記者との懇談会ということで、かるい気持ちでギリギリの時間に行ったらカ
メラが4台、総勢20名ほどの取材陣。立派な記者会見のような大仰な状況が待っ
ていた。
その模様が、今週末のフジテレビEZTVで放映される、という話になっている。
そこで、坂本社長と吉野家安部社長に挟まれてちょこんと座っている私の姿を確
認するして頂くことができるかもしれない。

なぜ私が牛肉なのか。
いきさつの詳細はここでは割愛したいが、直接的には昨年末の通称牛丼問題
(BSE問題)を考えるシンポジウムに招かれたとき、吉野家
の安部社長はじめ当事者のみなさんにいろいろ偉そうにまくし立ててしまった事
件が契機になっている。

問題の詳細は上記のWEBをご覧頂きたいが、厚生労働省、農林水産省、
食品安全委員会、そして消費者団体等の各組織の立場、都合が優先されるなか
で混迷しており、事実上輸入再開されてしかるべき状況にあるにも関わらず、
事態が進行しない。すなわち、現状の措置は、かならずしも国民の利益を反映する
ものでなく、輸入再開は先延ばしとされている。

詳しい事情を知るにつれ、私の中にも義憤というか危機感が生じてきた。
今回はたまたま国民の安全を守るためということで輸入再開が延期されているが、
同じような構造で各関係者の利益を守るために、本当に正しい判断がされず、別
のケースにおいては危険を温存する結果になるということも日常的に行われてし
まっている状況が、今回の裏事情からも容易に想像される。
当事者企業でも、政府、行政、さらには行政主導でつくられた機関等だけでも機
能しない困難な問題がそこに潜む。
BSEだけではない!そんなことへ対処するNPOをつくるべきだ、ということその場
で声高にいってしまったりしているうちに今回のような不思議な立場となった。

さて、話はマスコミとの懇談会に戻るが、メディアの関心は高く、期せずしてTV
カメラが4台も入り、緊迫した記者会見的な場となった。
集まった記者のみなさんは、社会部等でこの手の問題を追いかけている十分
勉強もしている人ばかりで、私が当初想定していたような、「なぜあなたがこん
なことやっているんですか?」といったいやらしい質問もなかった。
最初のブックオフ坂本社長の熱烈牛丼ファン宣言の挨拶にも、私の偉そうな分析
にも、焼肉業界団体の方の切なる訴えにも、記者は淡々とメモを取ったりするば
かりで緊迫した雰囲気は崩れず、その後は輸入再開に向けての専門的な質問
が相次ぎ、こちらも出方を誤ったら攻撃されかねないような一触即発の空気のよ
うにもみえた。

その場を変えたのは、吉野家の安部社長であった。
もう、彼が話し始めたころから不思議と会場の雰囲気が変わっていた。
胸襟を開いた姿勢で、「政府を動かす鍵はあなたがたマスコミの方々も握ってい
る。ぜひ理解頂けるならみなさんもできることをやってほしい」という旨の話を
されると一気に場の雰囲気がかわって、記者からも笑顔がこぼれ、身を乗り出し
て話を聞きだした。そして彼等からこの会に対する提案まで出るようになってき
た。
これが人柄というものか。と感心した。
仕事を愛し、牛丼を愛する姿勢、そして彼のこの問題に真剣に取組み、
闘ってきた迫力が、一気にその場にいた全員をこちら側陣営の当事者に変えてし
まった。

意味もなく長々書いてしまったが、本日言いたかったのはこのこと。
ときに敵となるシビアな存在すら見方にする情熱と懐の深さ、そうしたコミット
メントを受け入れるこちら側のスキ、そしてそのような心が通い合う場づくり。
人を動かすこと、コトを動かして何かをプロデュースしていくとはこういうこと
なんだなと痛く感心したしだいです。
本当に何か一緒に仕事をさせて頂きたくなる方です。

私も単なるもの好きでこの動きに参画しているわけではなく、
ここではいえないけれど、ETIC.のスタッフも了解してくれる私がここに参画す
る事情もある。そして、今後へむけての私なりの企みもある。
残念ながら今はいえないが、いつかそれが日の目を見るときがくるはず。

丼シリーズその2 終わり。


投稿:by スタッフ 2005 02 04 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 牛丼をめぐる闘い(宮城):

» 牛肉 from @キャッシング
米国産牛肉が輸入中止になってから一年くらいになるのだろうか。全国の牛丼ファンや外食業界の関係者で構成する「米国産牛肉全面的早期輸入再開を求める会」が署名活動を行い提出したらしい。でも本当に米国牛肉は危険なの?じゃアメリカ人はどうなってるの?米国輸入禁止のおかげでつぶれた焼肉店なども多いのではないだろうか。結局、自分が責任を負われるのは避けたいという考えのみで、他人のことなど考えず輸入中止の決断を出しただけではないだろうか。... 続きを読む

受信: 2005/04/24 16:29:12

コメント

コメントを書く